Home > Archives > 2019-03-03

2019-03-03

横浜そごう新都市ホールで開催された「デフリンピックフェスティバル」に伺いました

3月2日、横浜そごう新都市ホールで開催された「デフリンピックフェスティバル」に伺いました。


聴覚障がいをお持ちの皆様のオリンピック、デフリンピックをもっと多くの皆様に知っていただこうというイベントでした。
参加者が少なかったらどうしようとこの1週間眠れない位心配いたしておりましたが、会場に入ってびっくり!
立ち見の状態でした。
ろうあ連盟からはスタッフ合わせると1000人の入場者だったと発表があり、これほど多くの皆様がデフリンピックに興味を持っていただけたのだと涙が溢れてまいりました。

私どもも超党派の議員連盟は、2025年日本でデフリンピック夏季大会を開催するためにろうあ連盟と協力し、デフリンピック普及活動をいたしております。

 


今日は神奈川県議の皆様も熱心にご参加いただき、このような素晴らしいイベントを陰で支えてくださいました。
オリンピアンの井上康生さんとスポーツライターの乙武さんのトークショーにデフリンピアンの早瀬久美さんも加わり、興味深いスポーツ談義が繰り広げられました。

 

 

また、SMBC証券から障がい者スポーツ雇用の意義も報告がありました。
現在、5名のデフアスリートが所属しており、彼らは世界でも素晴らしい成績を収めております。

この様に内容も盛りだくさんで参加者も大満足のイベントでした。
しかし、ここがスタートラインです。
これからますます全国にこの様な動きが広まり、誰もが「デフリンピック」という言葉を知っている状況を作り出すことが重要です。
私もデフリンピック応援団長としてこれからも頑張ってまいります。
皆様も応援よろしくお願い申し上げます!

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

電動車椅子サッカードキュメンタリー映画「蹴る」のバリアフリー先行上映会

2月27日、JFAハウスバーチャルスタジアムで開催された電動車椅子サッカードキュメンタリー映画「蹴る」のバリアフリー先行上映会に行ってまいりました。
「蹴る」を観るのは試写会と合わせこれで2回目。
何度見ても彼らの命がけのプレーには心動かされます。

私も毎年、全日本大会や東京大会にお邪魔して応援を続けておりますが、電動車いすのぶつかり合いの激しさにはいつも驚かされます。
選手の中には呼吸器や拡声器をつけている人も少なくありません。
一見弱弱しく見える彼らも、日本代表として世界と戦っているのです。

「蹴る」は3月23日、ポレポレ東中野より全国順次公開されます。
彼らの雄姿を是非その眼に留めて頂きたいと思います。

「リアルな『死ぬ気』がここにある」。JIFFが北澤豪会長出演の映画「蹴る」の先行上映会を実施

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

33展(みみてん)by for ONEs

3月1日、いよいよ衆議院から参議院へ来年度予算が送られてくる様で、国会はバタバタと忙しさを増しています。
その様な中、六本木ヒルズで面白いイベントがあると聞き、やってまいりました。
33展(みみてん)by for ONEs
ドコモは「聞き取れない」の不安をなくして安心に通話できるサービスを開始しました。
それが「みえる電話」です。
https://www.nttdocomo.co.jp/service/mieru_denwa/

会場では私も体験させていただきました。
私の話し方が悪いのか、正確に文字変換が出来るという所まではまいりませんでしたが、声を文字に文字を声に変え開いてに伝えてくれるため、ご自身で話すことや聞くことがが難しくても電話に対しストレスがなくなります。

この会場では耳年齢の診断も楽しく出来ます。
10代のブースで音が聞こえない私は、ちょっとショックでしたが・・・
30代はクリアいたしました!

電話サービスの未来を皆さまも体験なさってみませんか?
このイベントは、3月3日耳の日まで六本木ヒルズで開催されています。
https://www.nttdocomo.co.jp/special_contents/forones/topics/012.html

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2019-03-03

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top