Home > Archives > 2018-06-07

2018-06-07

介助しやすい服とは

障がいによって洋服にお困りのことはございませんか?

介助者の皆さまにとって介助しやすい服とはどの様なものなのでしょうか。

 

デフサッカー日本代表選手の仲井君と友人の森田君(先天性右上下肢障がい)の二人が、障がい等で洋服の着脱に困っているから方々をサポートしようとアンケート調査を開始いたしました。

若い彼らの熱い思いが、新たな商品開発につながるかもしれません。

 

皆さまにも是非ご協力頂けます事、お願い申し上げます。

障がいある無しに関わらずお気に入りの洋服が着れる社会へ!

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

東海聴覚障がい者体育大会

6月3日、今朝は東海聴覚障がい者体育大会の応援に岡崎へ向かいました。

以前から「ボーリング」の応援をお約束しており、会場に到着するとすでに白熱したゲームが展開されておりました。

昨年のデフリンピックにボーリング日本代表選手を送れなかったこともあり、今後若い世代にも世界に目標を定め頑張っ頂きたいと思います。

ろうあ連盟のスポーツ委員会でもデフリンピック日本選手の活躍を以下のサイトで公開しております。

是非ご覧いただきたいと思います。

日本選手の成績:デフリンピックでの日本選手の活躍

 

その後移動したのは名古屋の「あいちアッシャー症候群ネット」

アッシャー症候群は国の指定難病でもございます。

難聴に目の病気(網膜色素変性症)を伴う疾患で、徐々に視力が出なくなり、盲聾となってしまう方もいらっしゃいます。

今日は「もうろうをいきる」という映画を見た後、情報共有のための茶話会が開催されました。

私の友人のろう者も、盲聾の皆様の蝕手話通訳をしている者が少なくありません。

会場でも蝕手話・指点字・音声拡大等、その方に合った方法で情報が提供されておりました。

 

私も様々な情報が必要です。

今後とも皆様のもとへ勉強に伺わせていただき、お声を聴かせていただきたいと思います。

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2018-06-07

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top