Home > Archives > 2018-02-26

2018-02-26

平成29年度日本障がい者スポーツ協会公認障がい者スポーツ医更新指定講習会

2月25日、「障がい者スポーツ医」更新講座を受講するため、国立障害者リハビリテーションセンターへ行ってまいりました。

 

「障がい者スポーツ医」を取得したことは、私の人生を変えました。

毎日手話を使い、デフスポーツ応援団長として全国を飛び回る、バッチをはめた頃には考えられなかった生活です。

 

資格を取得した講座で、聴覚障がい者はパラリンピックに出場できない事、さらに独自にデフリンピックが開催されている事を知りました。

講座の中でデフリンピックは知名度が低く選手も苦労していることを触れられました。

 

これではダメだ!応援せねば!

手話を覚え(まだまだ初心者ですが・・・)、日本中を応援にまわりました。

彼らの素晴らしさに触れ、デフスポーツに魅了されました。

そして昨年は、日本を飛び越えトルコまで応援に行ってしまいました。

今では私のライフワークです。

 

そして今日の更新講座では、何と!

最新情報として「サムスン2017デフリンピック日本選手団 帯同医からの報告」と一コマ、フルで講演がございました。

今までは、講座の一部に触れるだけだったデフリンピック。

今回の講座を通して、障がい者スポーツ医にも広く知られるところとなったことでしょう。

やっと、やっとです。

スポーツ医学の中でもデフスポーツが注目されるようになってきました。

 

資格を取得した際に、一緒に講座を受講した先生方とも久しぶりの再会もあり、障がい者スポーツについて意見交換もさせていただきました。

これからも、医科学的にもデフスポーツを支援していただける先生方を探して、選手の皆さまの練習環境整備に努めてまいりたいと思います。

 

まだまだ勉強が足りない。

頑張らなくては!

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2018-02-26

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top