Home > Archives > 2018-01-16

2018-01-16

「被虐待児の社会的入院」要望書

1月15日、大阪小児科医会の先生方と一緒に、厚労省の蒲原次官へ「被虐待児の社会的入院」の問題の解決にご協力いただきたいと要望書を手渡してまいりました。

 

「子どもの社会的入院」という言葉をご存知でいらっしゃいますか?

児童虐待は年々増加の一途にあり、平成28年度の全国の児相での児童虐待相談対応件数は12万件を超えました。

その中で、保護者や家庭の事情さらには虐待の後遺症などで退院できない『社会的入院』が増加しているのです。

 

この現状を初めて報道で知ったのは2015年の年末。

私も3人の子を持つ母として、入院が必要ない子ども達が病院という特殊な環境下で育っている姿に現代社会の闇を感じ、ショックを受けました。

心の傷を負った子供たちに一日も早く家庭的な雰囲気の中すくすくと育ってもらいたい、親であれば誰でも持つ感情なのではないでしょうか。

 

特に、大阪府は児童虐待の通告件数が全国一多いものの、子どもの保護施設が少なく、社会的な入院が問題になっているとの報道でした。

その調査を行って下さったのが関西医科大学小児科学講座の石崎優子先生を中心とした大阪小児科医会の先生方だったのです。

その調査結果について問い合わせをしたところ快くご協力いただき、何とかせねばと年明けの2016年、テレビ入りの予算委員会で「子どもの社会的入院、児童の虐待」について質疑をさせていただきました。

 

大阪府内だけでも、2012年7月~2015年6月の3年間に特別な医療的ケアを必要としない「保護者の養育力不足」168名、重度の後遺症を残すも受け入れ施設がない「虐待の後遺症」29名の『社会的入院』が報告されました。

様々な背景はあっても、子ども達の良質な成育環境とは言い難い状況です。

 

本日要望いたしましたのは、

1.早期実態把握のための全国調査の要望

 

1.養育不足例に対する保護者支援や子どもの身辺安全対策、児童養護施設増設、里親施策の推進

 

1.重症心身障害者施設の充実・確保、児童養護施設への看護スタッフの確保

の3点です。

早期に全国的な調査を行っていただき、必要な子ども達には適切な成育環境を提供し、虐待によって後遺症を残す子ども達には安心して過ごせる居場所も確保してあげなければなりません。

 

この問題は3年越しの課題です。

これからも粘り強く大阪小児科医会の先生方のご指導を仰ぎながら取り組んでまいりたいと思います。

 

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180115/k10011289631000.html

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

砂田アトム氏講演会&交流会『アトムワールドへようこそ』

 

1月14日、西春日井で開催された砂田アトム氏講演会&交流会

『アトムワールドへようこそ』へ参加してまいりました。

 

アトムさんは日本ろう者劇団の役者・講演・イラスト作家と様々な顔をお持ちです。

日本手話を愛し、その素晴らしさを伝えてくださる素敵な表現者(パフォーマー)なのです。

彼のろう者としての誇りは誰にも負けないでしょう。

しかし、聴者である我々にも配慮下さるところが憎いですよね。

 

ろう者の皆さまの表現力と集中力は並外れたものがございます。

見ることに長けたろう者の皆さまが持つ一つ才能です。

しかし、瞬きをする間もない位集中せねば、我々聴者はその話についていくことが出来ません。

アトムさんも笑い話にしていらっしゃいましたが、聞き洩らさぬ様に、いえ、見漏らさぬ様に必死に見つめるため、私も講演会の途中に目薬が必要なほど目が乾燥してしまいました。

 

私といえば、挨拶の際に大失態・・・

「声も出しながら手話で表現します」と打ち合わせていたにも関わらず、手話だけで挨拶を初めてしまい、途中で「あれ?何かおかしいぞ」と気づきやり直し。

本当にごめんなさい。

日本手話の様に表現しようとすると、どうしてもぎこちない日本語になってしまうので、最近は声に頼らぬ表現で友人と話をすることが多くなってまいりました。

まだまだ未熟なのですが、それでも一生懸命に私が表現したいことを理解しようとしてくれる仲間がいます。

ろう者の皆さまが持つ独特の表現、日本手話は魅力的なのです。

私が大好きな友人達が今日も会場いっぱいに集まっていて、優しい視線で私のミスも包み込んでくれました。

 

28日にはアトムさんも出演なさる手話狂言も拝見させていただく予定となっております。

情報保障とはどうあるべきなのか、手話言語とは何か、これからも学び続けてまいりたいと思います。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「Wonder Festival 2018」~電動車椅子サッカー

1月13日、多摩障がい者スポーツセンターで開催された「Wonder Festival 2018」~電動車椅子サッカーをみんなでドンドン楽しもう!~に行ってまいりました。

 

アメリカやカナダなどで「パワーサッカー」と呼ばれている重度身体障害者のスポーツを基に、電動車椅子サッカーは大阪で産声を上げました。

運動機能の制約が大きい比較的重度の身体障害者でも、電動車椅子の操作、軽くレバーを押す事ができればサッカーが出来るのです。

私も何度か体験いたしておりますが、我々が普通にレバーを押すと強すぎてコントロールが難しいのです。

ほんのちょっとの力で巧みにレバーを操り、頭脳プレーで相手の動きを突きゴールを狙う。

この楽しさと難しさを知れば知るほどハマってしまうスポーツです。

 

電動車椅子に乗っているのでただ後ろからボールを追いたけているだけなのでは・・・

いいえ、全く違います。

車椅子同士が激しくぶつかりボールを奪い合う、ボールを車椅子同士で挟み攻め合う姿、少しのスキをついて巧みにパスを出すその技とタイミングは、大変見応えがあります。

試合を見ながら、「私も混ぜて欲しい!」とウズウズしておりました。

 

選手の中には呼吸器をつけている方、マイクを通して声を伝えている方など重い障がいお持ちなのだと一目で分かる方も大勢いらっしゃいます。

しかし、残っている機能を最大限に活用して全身でボールに向かっていく姿はアスリートそのものです。

 

ゲームの組み立て方など実践を積まねば分からぬこともございます。

次回は技も教えて頂きたいとお願いしてまいりました。

 

病や障がいでスポーツを諦めていませんか?

スポーツは皆のものです。

皆さまも、新しい年に新たなスポーツにチャレンジしてみられてはいかがでしょうか!

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2018-01-16

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top