Home > Archives > 2017-10-26

2017-10-26

「産業精神保健研究機構RIOMH研究会」

10月24日、今日は勉強の1日です。
私まで政局に振り回されるわけにはまいりません。
今こそ、地に足付けた議論を展開するための材料を収集し、来るべき議論に備える必要があるのです。
本来であれば、衆議院選挙ではなく、臨時国会が開催され「働き方改革」の審議が本格化するはずだったではないですか。

国際医療福祉大学の青山キャンパスにて開催された「産業精神保健研究機構RIOMH研究会」へ勉強にまいりました。
皆様の受けていただいている「ストレスチェックテスト」や毎年受診が義務付けられている「健康診断」等、労働者の健康をまもるための研究が産業保健という分野なのです。
私も産業医として日々、労働環境の改善や障がい者雇用に関わっておりますが、日本では重要視されておりません。
本来、病院やクリニックで提供されている医療とは少し趣が違り、健康で安全に働いてもらうために個々人だけではなく組織的な改善にも働きかけてまいります。
さらに、最近流行りの「健康経営」は従業員の健康を守り効率的に収益を上げていくためには何をすべきなのかが実践・研究されております。

本日は、一橋大学経済研究所長の小塩隆士教授によるご講演「WHO-HPQ最新論文の紹介とADHDに関する話題」でございました。

欠席を意味する「アブセンティズム(absenteeism)」は、欠勤や休職、あるいは遅刻早退など、職場にいることができず、業務に就けない状態を意味しします。
健康経営で語られる「プレゼンティズム(Presenteeism)」
これは、出勤しているにも関わらず、心身の健康上の問題により、充分にパフォーマンスが上がらない状態」を意味します。

今までは、いかに欠勤・休職させないのかに焦点を当てて対策が打たれてまいりましたが、近年の研究で、職域の業績に与える影響は、「アブセンティズム」よりも、「プレゼンティズム」の方が大きいことが明らかになってまいりました。
まず、この概念から企業にご理解いただき、対策を求めていく必要がございます。

過労死「KAROSI」が英語にまでまってしまう程、労働環境が悪化している日本です。
もうそろそろ「働く」とは何か、「キャリア」とは何かを見つめ直す時に来ているのではないでしょうか。

http://riomh.umin.jp/meeting.html

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「ユニバーサル マナー アワード 2017」

10月24日、ミライロの薄葉さんのお誘いを受け、京王プラザホテルで開催された「ユニバーサル マナー アワード 2017」に出席いたしました。

 

「ユニバーサル マナー」という言葉は、耳慣れない方も多いことでしょう。

高齢者や障がい者、ベビーカー利用者、外国人等、自分とは違う誰かの視点に立ち行動する「こころづかい」を「ユニバーサル マナー」と呼びます。

頭では分かっていてもなかなか恥ずかしくて・・・

どの様にお手伝いしたら良いのか分からない・・・

そもそも日本人は引っ込み思案です。

何かせねばと分かっていても、行動に移すまでに時間がかかってしまいます。

 

日本ユニバーサルマナー協会では、教育研修を通して多くの企業・団体へ「こころづかい」の気づきを与え、その成果の検定を行っています。

今回は42の企業・団体から寄せられた事例を審査し、その中から19の企業・団体を選出し表彰が行われました。

 

障がいや高齢を理由に、結婚式の出席を諦めてほしくない

聴覚障がい者の運転免許取得をサポートするぞ

視覚障害があっても美術鑑賞ができる装置を開発

等々、様々な取り組みが紹介されました。

どれも素晴らしく、そして優しい「こころづかい」に溢れていました。

 

2020東京オリンピック・パラリンピックに向けてこの様な動きが今後活発化してくることでしょう。

しかし、2020年がピークとなり、その後忘れ去れてしまえば意味がありません。

じっくり腰を据え、これから少子高齢化・多様化の進む「成熟した社会」のために準備を進めてまいりたいと思います。

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

第17回CPサッカー選手権大会

10月22日、衆議院選挙投開票日。

私は朝、岐阜の長良川スポーツプラザにおりました。

楽しみにしていたCPサッカー全国選手権大会が開催されていたのです。

CPサッカーとは「脳性まひ者7人制サッカー」の通称で、国内にも現在8チームございます。

また、9月にアルゼンチンで開催された世界大会では16位、まだまだ世界の壁は厚いという実感をもって帰国したところでもございました。

 

今回の大会は、私の友人の栗本さんがCPサッカー協会の会長に就任して初めての全国大会。

選手の勇姿を私も応援したいと思っていたのですが残念。

2日目は台風で中止となってしまいました。

 

実は、2日目に行われるサッカークリニックに今年も参加し、地元のCPサッカーチームの子供たちとボールを蹴って試合をすることも心待ちにしていたのです。

しかし、安全には変えられません、急遽スケジュールを変更し、2日目は表彰式となりました。

 

少し落ち込んでいた私を察し、栗本さんが私にメダルプレゼンターを務めさせてくださいました。

選手の嬉しそうな顔を見ているだけでエネルギーになりますよね。

優勝は「エスペランサ」、おめでとうございます!

エスペランサとは、スペイン語で「希望」「夢」「あきらめない思い」を現わします。

正にその名の通り、諦めない思いが優勝につながったのでしょう。

 

政界にいると、多くの矛盾・疑念を呑み込んで生きていかねばなりません。

時々、大声で叫びたい程に心が苦しくなることがございます。

そんな時、彼らと一緒にいる時間が私の心の拠り所なのです。

今日も彼らの笑顔に助けられました。

素敵な時間をありがとうございました!

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2017-10-26

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top