Home > Archives > 2015-09-28

2015-09-28

第一回「地域と国を繋ぐ乳がん・子宮頸がん検診促進全国大会」のお知らせ

 

第一回「地域と国を繋ぐ乳がん・子宮頸がん検診促進全国大会」のお知らせです。

 

皆さまにも、国会内で超党派による「乳がん・子宮頸がん検診促進議員連盟」の勉強会を開催していることはお知らせしてまいりました。

しかし、検診事業は市町村の役目ですので、我々が国会で声を上げても限界がございます。

 

そこで、この度、初の試みとして、国と地方自治体・地方議会をつなぐ全国大会を開催することとなりました。

 

2015年10月19日 13:00~18:00

虎ノ門ヒルズフォーラム

〒105-6305 東京都 中央区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー5階

プログラムは添付のリーフレットをご覧ください。

総合的に乳がん・子宮頸がんの基礎とがん検診の在り方学べる内容となっております。

 

                                                      プログラム

1230~ 会場

 

 

1300 主催者挨拶、関係閣僚議員・共同代表世話人挨拶

 

 

1330~「乳がんの基礎とがん検診のあり方」

福田 護先生 認定NPO法人乳房健康研究会理事長、

聖マリアンナ医科大学付属研究所

ブレスト&イメージング先進医療センター付属クリニック院長

 

 

1430~「子宮頸がんの基礎とがん検診のあり方」

鈴木光明先生 公益社団法人日本産婦人科医会常務理事、

新百合ヶ丘総合病院がんセンターセンター長、

自治医科大学名誉教授

 

 

1530 休憩

 

 

1540~「パネルディスカッション地方のがん対策これまでとこれから」

福田先生×鈴木先生×議連の役員先生方×応援団共同代表、世話人

 

 

1645  懇親会

1800 •がん対策を率先する国会議員乾杯のあいさつ ほか

 

※登壇者・タイトルなどは変更の可能性があります。

 

地方議員皆さま、そして地方自治体職員の皆さま、将来選挙に挑戦しようと考えていらっしゃる議員予備軍の皆さま!

是非、この機会に我々と共に学んでみませんか?

男性議員や男性職員にこそ、ご参加いただきたいと思います。

 

締め切りは過ぎておりますが、まだ若干空きがございます。

ご検討いただければ幸いです。

 

今日も名古屋栄でピンクリボン啓発活動でピンクの風船を配っておりましたが、検診に対する市民の関心のなさを思い知らされました。

10月1日はピンクリボンデーです。

全国一斉にタワーや建物がピンクに染まります。

皆さまも他人事とは思わず、大切な人のために検診を受けてください。

自分の身体は自分で守りましょう!

 

乳がん2乳がん

 

 

 

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

「リレーフォーライフ岡崎」

岡崎の暮らしの杜で開催されている「リレーフォーライフ岡崎」に参加しております。

私も今回で6回目の参加です。

 

ガンサバイバーの方とサポーターが一緒になって24時間グランドを歩み続けるのですが、単なる資金集めのためでは無いのです。

地域社会でガンと戦う連帯感を養う大切な場がここに有ります。

私もここで毎年同じ顔に巡り会えることが楽しみです。

 

この活動は、全国に拡がっております。

皆様のお住まいの近くで開催されることがあれば、是非、足をお運び下さい!

 

12038544_449789535209248_414392144610311684_n 11951931_449789545209247_2176216065161393648_n

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

第189通常国会 閉会

第189通常国会が、本会議で閉会中審査手続きを行い閉幕しました。

 

やっと終わった…それが正直な気持ちです。

戦後最長の95日間延長でしたが、厚生労働委員会は全く時間が足りませんでした。

社会福祉法人法改正案や確定拠出年金法案などの閣法も時間切れ、議員立法は手付かずのままに終わりました。

 

委員会によっては途中から開店休業中の所も多く見受けられましたが、厚生労働委員会のメンバーは時間を無駄にすることなく、皆が仕事中毒なのです。

毎日が時間との戦い

そんな日々から少し離れ、次に向けて充電しながら、1つでも多くの現場に足を運んでまいります。

 

今国会では、私なりに様々な成果が上がりました。

質疑の中で多くの言質が取れましたし、法案の附帯決議には必ず議論を反映させた文言を勝ち取れました。

議員連盟での法案作成や充実した勉強会での学び。

少しずつ、政界での自分なりの歩み方が分かってまいりました。

 

ドロドロした底無し沼には足を踏み入れず、自分の道は自分で耕してまいります。

大政党にいては体験できないこと、政党に所属していては任されないことを大切に、これからも等身大の自分を忘れずに挑戦してまいります!

 

12063427_449767408544794_5540698161000507279_n

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

スポーツ議員連盟・2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟

9月24日、スポーツ議員連盟・2020年東京オリンピック・パラリンピック大会推進議員連盟が開催されました。

 

私は、以前より、予算委員会や厚生労働委員会などを通じ、女性アスリートの健康問題を質疑してまいりました。

女性アスリートとはオリンピックに出場する選手を指すのではありません。

小中学校での部活動やスポーツクラブで活動している子供たちも含め、現役を引退した後の身体のケアも含め、生涯にわたり、女性として健康に過ごせるための研究や施策が、今の日本には不足しているのです。

 

本日、議員連盟において、女性アスリート支援のためのプロジェクトチームが設置され、私も事務局次長として、微力ですがお手伝いさせていただけることになりました。

 

私の夢が一つ一つ実現に向かって歩み始めています。

オリンピックは様々な問題で揺れておりますが、私は私に出来る分野で、オリンピックを通し、国民の健康に貢献できれば光栄です。

 

今後は、プロジェクトチーム一丸となって、無月経や疲労骨折、不妊などに苦しむ女性アスリートが一人でも救われ、疾病を予防できる体制整備に努めてまいります。

ご指導の程よろしくお願い申し上げます

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2015-09-28

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top