Home > Archives > 2014-07

2014-07

みたま祭りと棒の手

棒の手 棒の手2 提灯

 

今日から靖国神社の「みたままつり」です。
昨日の前夜祭には、地域の代表的な舞や踊りを奉納するため、全国から様々な団体がここ靖国に集結しました。

愛知県からは、豊田市の棒の手保存会の皆様の勇姿が奉納されました。
私は、保存会の皆様の演技に惚れ込み、今日も追っかけの一人として、声援を送って参りました。

槍や刀が本当に衣服に突き刺さり、ビリビリに破ける様子や、竹槍が刀で切り落とされる演技に、会場だけではなく、参道からも拍手喝采!!
思わず、「厳しい練習の賜物なんだ」と周囲に自慢してしまいました。

このような伝統芸能を守り伝えていく難しさはどこも同じ。
しかし、今日も多くの若者が活躍してくれました。我々の誉れです。

皆様の地域にも保存すべき伝統があるはずです。
私も微力ですが、大切に守り伝えるお手伝いをさせていただきたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

一人ぼっちの献血運動推進大会

今日は、第50回献血運動推進全国大会が愛知県の芸術文化センターで開催されました。
赤十字社名誉副総裁の皇太子殿下にもお出ましいただき、華やかな一時となりました。
そんな楽しくも厳かな式で、一つだけ残念なことが。
皇太子殿下を御迎えするにあたり、国会議員が私一人しかいなかったのです。
 最前列に国会議員席が準備されておりましたが、私一人ポツリと座っているだけ。
厳重な警備のため、挨拶したら帰るという政治家特有のルールが許されなかったのです。
そのため、参加者もいなかったようです。
私も自治体や団体の式典などにご招待頂くのですが、政治家と呼ばれる方々は、挨拶や紹介が終わるとサッサと退席なさいます。
政治家になりたての頃は、訳も分からず一緒に失礼せねばとオドオドしておりました。
しかし、どうしても私には、その非礼が違和感でしかありません。
「私は私」と時間が許す限り、最後まで参加させて頂くことにいたしました。
私は、他の先生のように挨拶も上手ではありません。
慣れていないので、周囲をヒヤヒヤさせていることでしょう。
しかし、私はご招待頂いた方に感謝の気持ちを込めて、最後まで参加させていただきます。
そのため、皆様にお目にかかる機会は減ります。
しかし、一つ一つ丁寧に対応させていただきたいと思います。
献血で助かる「いのち」があります。
いのちのバトンタッチ、献血の推進のため、私も有意義な共有させていただきました!献血
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

命の教育

今日は、「命を大切にする教育」仲間である鈴木中人さんが主催する「最高の笑顔と大感動のいのちのセミナー」に行って参りました。
鈴木さんは、6才の娘さんを看とり、その娘さんの命をバトンタッチしようと全国で講演活動をなさっていらっしゃいます。
いつも、講演の感動は言葉で表すことが出来ぬほど。
お話を伺う度に、新しい変化が私の中に起こる素晴らしく意義深いものです。
本日は、ホスピタルクラウンの大棟さんの実演と講演もあり、笑い涙の感激が会場を包みました。
今日、会場の皆様から頂いた一番のプレゼントは、「ここでは思いっきり泣いてもいい、笑ってもいい」というメッセージでした。
日頃、政界では、ストレートに思いを表現することは禁忌です。
お腹の中で何を考えているのか分からない方々との微妙な距離感。
本音を言えば潰されてしまう緊張感。
人間不信に陥ってしまう毎日で、自分自身の感情さえも見失いそうになる恐怖に襲われました。
言葉を文面通りに受け止め、笑って泣いて、「人間に戻れた!」という喜びと、私の原点はここにあるという確信に、帰り道の日比谷公園の緑が鮮やかに、行きと違う風景に見えたのは私だけではないと思います。
命は限りあるもの
人間の死亡率は100%
私も300名以上の方々を見送り、その経験から沸き上がる思いで、ここまで走ってきてしまいました。
まだまだ道半ば。
一つ一つの思いを実現するために「心」を絶対忘れない!
心新たに明日からも頑張れそうです。
鈴木さんが娘さんのことを綴った絵本を最後に紹介致します。
「6さいのおよめさん」
皆様もぜひ一度、書店で手にとって頂きたいと思います。
忘れかけた何かを掴み取ることが出来る、生かされている命の大切さに触れられる貴重な時間を共有出来ることでしょう。
10304879_263598453828358_2835321665814849651_n 10505592_263598470495023_7165009450631776973_n 10405695_263598493828354_1036488096184297966_n
  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2014-07

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top