Home > Archives > 2014-04-12

2014-04-12

「触れて」初めて分かること

女性が活躍できる社会を目指すための政策は、私が取り組む政策の中心的なものです。

質問を作成する時には、関係分野について国会図書館や各省庁から資料を取り寄せて勉強します。

しかし、私はそれだけではなく、出来る限り現場の人たちの意見を伺うように心がけています。

霞が関・永田町という国政の中心にいることで、どうしても頭でっかち、上から目線の政策になりがちなのです。

本来、政策というものは、現場や利用者の皆様のためにあるものです。

その当たり前のことが、わからなくなってしまう、それが永田町や霞が関の風土病なのです。

今日は、地元名古屋の「あいちマザーズハローワーク」と「ナゴヤ・ベビーシッター・サービス」に伺い、現状を聞かせていただきました。

マザーズハローワーク、いいですね。

ピンクを使った優しい雰囲気で、飾りつけも子供向け、そして母親の視点を意識したゆったりスペース。安心して子供連れで相談できる環境が揃っていました。

また、ベビーシッター・サービスでは、現場が抱えている悩みや課題、そして、より良い制度にしていくための提案も頂きました。

今日のご意見や感じたことを、早速、来週審議予定の質問にも活かしてまいります。

本日、お世話になった皆様方、本当にありがとうございました!

学び多い楽しい時間をありがとうございました!

image

 

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

新代表

本日開催された両院議員総会において、無投票で浅尾慶一郎新代表が選出されました。
浅尾新代表と新たな旅立ちができる喜びで、私もワクワクいたしております。

しかし、今回の代表選、一つだけ残念なことがございました。
立候補者が一人しかおらず、投票にはいたらなかったのです。
今回の代表選挙は、みんなの党の真価が試されるとても重要なものです。
私は、今回の代表選が決まった時から、無投票の選挙は避けるべきと思っていました。
ブラックボックスで新しい代表が決まったと皆様から思われてしまうことをどうしても避けたかった、そして、代表選挙を通じて、複数の候補者が自らの言葉で、これからのみんなの党のグランドデザインを堂々と主張していただきたかったのです。…

私の最後の悪あがき、問題提起になればと昨日の夕方、「立候補したいのですが、推薦人となっていただけませんか?」と各議員の部屋を尋ねました。
「何が起こったのか?」と皆様びっくりなさっていらっしゃいましたが、投票による代表選挙を実現したいという思いを、皆様にぶつけてまいりました。
もちろん、結果としては、推薦人も集まらず、立候補には至りませんでした。
こんな単純な人間もみんなの党には所属しているのだと、笑い話にでもなっていることでしょう。

今回は、たった一人の反乱でした。
しかし、1年半後の本代表選にはきっと選挙を行い、政策論争や党運営の方針などの議論が交わされることでしょう。
公明正大、透明性の高い、みんなの党らしい党運営のため、これからは、浅尾新代表のもと一丸となって、国会の場で、政策論争を展開してまいります!
こんな薬師寺でございますが、皆様のご指導・ご鞭撻をこれからもよろしくお願いいたします。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2014-04-12

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top