Home > Archives > 2013-08-30

2013-08-30

議員生活1か月

参議院議員になり1か月がたちました。

自分自身、周囲の変化に驚かされ、悲しくなってしまうこともありました。

分からぬことの毎日の中で、私自身、自信を失いそうになる瞬間もありました。

しかし、多くの方々に支えられながら、「薬師寺みちよ」の視点を貫いていく覚悟もできました。

 

会館に詰めてくれる秘書も、3年間、共にチーム薬師寺として支えあった仲間たちです。

政治の世界の人間ではなく、普通の感覚を持った青年たちです。

その彼らが1か月を振り返り、こう言うのです。

『省庁・地方自治体の役人が、資料を持って、「どうぞ、よろしくお願いいたします」と頭を下げてくる。こんな環境に慣れてしまったら、秘書も勘違いしてしまいますよね』

 

私もその思いは同じです。

先日の戦没者追悼式でも、自衛隊の演習でも、国会議員が特等席を占めています。待遇も違います。

特に、戦没者追悼式では、ご遺族の方々がますます高齢化する中でも、全国から武道館にいらしていただけるのです。

しかし、県によっては、階段を使用し、2階席に上がらねばならぬ方もいらっしゃいます。

県のバスの待つ駐車場まで、暑い中、歩かねばならぬことも心が痛みました。

中央の特等席は、足のお悪い方に。

近くの駐車場は遠方からいらしていただいたご遺族のために。

この当たり前の配慮がなく、バッチをつけている人間が、肩で風を切りながら黒塗りの車に颯爽と乗り込み、ご遺族の歩いている前をすり抜けていく・・・

違和感を覚え、恥ずかしくも感じました。

 

きっと、これからますます旧態依然とした環境に矛盾を感じることでしょう。

これからも、私は私の視点で、皆様へ情報をお伝えしてまいりたいと思います。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home > Archives > 2013-08-30

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top