Home > Archives > 2010-06

2010-06

皆さまに感謝をこめて!

やっとこの日がやってきました。明日はいよいよ公示日です。選挙戦、本番前夜です。

この春、事務所を開設した時には、この日が迎えられる「自信のかけら」もありませんでした。たった三人からの出発でした。スタッフも組織も何もなく、0からの出発でした。既成の政党と違い、手伝っていただこうにも誰に頼めばいいのかさえも分からぬ中、HPを立ち上げ、ボランティアを募りました。選挙を身近に感じてもらおうと、ブログで自分の気持ちを素直に書き込んでみました。今、考えてみると、本当に不思議な3カ月でした。

初めてのことばかり。初めての経験・初めての出会いの連続。
マスコミの皆さんからも、「組織がないのに本当に戦えるの?」、「選挙ポスターが13000か所貼りきれるの?」、「選挙資金はどうするの?」様々なご心配もいただきました。

会社からの派遣や動員など、みんなの党には無縁です。しがらみを作りたくない。徹底して、この精神だけは貫きました。

そして今、この事務所は活気でいっぱい!次から次へとボランティアが詰めかけ、アーダコーダ言いながら、この時間にも忙しく動き回っています。3か月前には考えられなかった不思議で感激的な光景です。

明日はいよいよ、第一声!
10時45分名古屋駅東口ロータリー前、「渡辺代表」と小さなシエンタ号を背景に立たせていただきます!

そして土曜日、またまた江田幹事長、名古屋・豊橋に入ります。

愛知全県、暴れまわります!いつでも日程は事務所にお電話くださいませ。

そして最後に・・・・

なぜ、HPの更新もブログの更新もできないのでしょうか?平成の世になっても、時代に合っていない選挙では、若者の政治離れが進んでいくばかりです。

そしてなぜ、選挙ポスターは選管が貼ってくださらないのでしょうか?なぜ、配布する新聞に証紙を三十万枚も貼らなければならのでしょうか?

大きな政党に有利なことばかり選挙では要求されます。これではいつまでたっても選挙にお金がかかりすぎます。ちょっと愚痴ってしまいました・・・

まだまだ手が足りません。我こそは!という方がいらっしゃいましたら、事務所までお電話ください。ボランティア、いつでも募集いたしております。

これまで本当にありがとうございました。戦える体制をここまで整えることができましたこと、皆さまに感謝申し上げます。このHPの更新、これをもちまして一時お休みいたします。

次にお目にかかる時には、一回りも二回りも大きくなった?いえ黒くなった薬師寺を見ていただけるよう、自分らしく薬師寺らしく戦ってきます!!!

本当にありがとうございました!

新たな同士、ここに集う!

今日は、緊張の一日です。2本の政見放送撮り。カメラは苦手な私。誰もいないのに、カメラに向かって5分30秒も話さなければならない苦しさと言ったら・・・朝から憂鬱で、なかなか考えもまとまりません。

まず初っ端はNHK。緊張しすぎて終わったとたんにぐったり。噛んだところが2か所。最後をどうまとめようかと思っている間に時間切れ。あちゃ~大失敗かも。撮り直しもできないので、諦めるしかありません。

落ち込んでいるわけにもいかないのです。今日はもう一つイベントがあります。あの「ふじまきゆきお」全国比例候補予定者が名古屋に応援にいらしてくださいます。福助を立て直し、ファッション業界をリードするカリスマバイヤー、心強い味方です。

初めてお目にかかりました。私は、何度も「テレビの中のふじまきさん」と面識があるのですが、お話したのは初めてでした。素晴らしい方、器が広い、広すぎます。どう表現したらいいのか分からないくらいです。そのスピリットに惚れました。

今回の立候補も自分のためではないんだ。メイドインジャパンの素晴らしさを世界に売り出していきたいんだ。韓国や他のアジアの国々は、国策として、国を上げて自国製品を海外に売り出す時代なんだ。しかし、ここ日本、政府は世界の市場開拓に全く動こうとしない。一企業が単独で世界に乗りこんでいくしかない。これでは、どんなに品質や技術が良くても、世界の競争には負けてしまう。そして、法人税が高すぎる。自分の知っている日本企業も海外に逃げていくばかりだ。これでは雇用も生まれまいよ。

損得勘定で動かない信念の強い人間、信頼できる人間。現場を語ることができる人間。
同じ思いがここにも、もう一つ。「日本を、政府を変えなければならい!今しかない!」
やっぱりみんなの党を選んでよかった。本当によかった。

ここみんなの党、改革の同士、集結です!

柿沢先生もついに来名

今日は、衆議院の柿沢先生がお手伝いにいらしてくださいました。
久しぶりにお目にかかりましたが、さすが現職は違います。現場の話がすぐにできる、聞きかじりではないこの迫力。若さだけではありません。

しかし、ご本人はとても謙虚な方。「江東区を出たら唯の人なんだよ」いいえ、そんなことはありません。ちゃんとここ名古屋でも、「柿沢先生ですよね?」道行く人に訊ねられましたよ。

「今日一日、お手伝いいたします。」その言葉通り、必死に私の「からす」となり、マイクを握ってくださいました。本当に贅沢なからす過ぎます・・・さすがに街頭を毎日こなしていらっしゃる現役は違います。言葉のセンスは素晴らしい。

日泰寺のお祭りにご挨拶に伺い、先生自らマイクを持って、私の後をついてきてくださいます。「ここはニッタイジ。この人は薬師寺」露天のみなさんからも、大爆笑と拍手をもらうほどの腕前です。

お店のお姉さんに「あの方はアナウンサー?」「いいえ、うちの現職衆議院です!」「ヒェ~!。」何度、これを繰り返したことか。

でも、みんなの党の雰囲気はこんな感じなんです。偉ぶって椅子にふんぞり返っている人間はだれもいません。皆さん誠実に、そして軽やかに動き、一生懸命に国を変えようと日々努力なさっています。動き回っています。それを皆さまに分かってほしい。

だからこそできるんです。0からの発想。0からのスタート。

新しい日本を作って行くのは、この発想の転換なのです。既成概念を打ち破るこの勇気なのです。

江田幹事長の来名!

今日は、スタッフ一同、忙しい一日でした。朝から街宣、その後、津島JCの討論会、そしてさらに我らが「江田幹事長」の来名です。

ボランティアスタッフ総出で、今日一日支えてくれました。本当にありがたいことです。
江田さんは私が立候補を表明して、はじめての名古屋入り。しっかりと皆様にお話を聞いていただきたい。名古屋駅・栄・金山・ナナちゃん前、多くの皆さまに立ち止まっていただきました。金山では、アスナルの2階から3階から立ち見の状態。ボランティアスタッフもびっくりでした。



やはり本物の力はすごい。言葉の鋭さ、適格な表現、隣で学ばせて頂きました。消費税の問題も、自民・民主との違いも、「ああ、こんな風に言えばいいのか」「こんな表現もあるのか」私が頷いているどころではないのですが、ついつい聞き入ってしまいました。代表とはまた違った「重み」をそこに感じました。政治家の言葉は重い。普天間問題で起こった不幸な「信頼の破壊」。みんなの党には無縁だと確信いたしました。



いいですね~。隣で話を聞いても、全く違和感がない。同士だと感じられるこの感覚。言わされている感がない。そうだ!そうだ!思わず手をたたきました。

消費税の議論で、医療費もやり玉、国のお荷物のように表現されています。しかし、待ってください!医療費も国と同じ。無駄が多すぎるのです。しっかりと削るところは削り、増やすところは増やす。それから議論を進めなければなりません。検査漬け・薬漬け、そこから見直さなければ、医療・福祉の労働環境は変わりません。

この国は、まだまだ治療の余地があります。体質改善をせねばなりません。
さあ、これからです。本番に向け、しかりと準備を始めましょう!

増税の前にやるべきことがあるだろう!

今日は一日雨・あめ・アメ。いよいよ梅雨らしいお天気です。
ゆっくりと雨の滴を楽しみたいのですが、今回はそうも言っていられません。演説で精いっぱいで、傘をさしている余裕がないのです。

民主党からも、余裕がないとの声が聞こえてきました。消費税増税検討のニュース!菅さんそれはないでしょう・・・自民党さんがいいだしたから、僕もそれに乗っちゃおうかな?小学生の会話ではないのです。

私のところにも、メールがたくさん届いています。「2大政党が増税と言い出した。どうしたらいいのでしょうか?」「増税しか道はないのですか?」

みんなの党の姿勢ははっきりしています。ゆらいでいません。
「増税の前にやるべきことがあるだろう!」

第1段階:国家経営の大リストラ
税金の無駄遣いを徹底的に解消しましょう。国会議員・公務員の削減・給料カット、天下りを根絶など、徹底的にムダ削減するのです。当り前のことだと思いませんか?国民に負担を強いる前に、政策の責任者である者が自ら身を削る。国家経営のミスで生まれた大きな借金、一般の会社では、首が飛ぶ大事件です。だれも責任も問われないとは・・・・テレビで見ていても国会で居眠り・携帯メール、国会議員の質も問われています。「居眠り大臣」が国のトップになる時代。日本はどうなってしまうのでしょうか?

第2段階:成長無くして財政再建なし・成長無くして社会保障の安心なし
10年で4%名目成長を目指し、「税収増」で財政も調整しなければなりません。待っていても税収は増えないのです。責めの姿勢で外貨を獲得する時です。国の中だけ見つめていても、人口減少社会、広がりはございません。先細りは見えています、しかし、悲観することはありません。日本はアジアの一員。アジア30億人の市場が目の前に広がっています。霞が関に任せず、民間の皆さまの力が必要な時です。そう考えると明るい未来が見えてきませんか?力が湧いてきませんか?

第3段階:それでも駄目なら頭を下げろ!
もうこれ以上、本当に税源がないところまで行ってしまったら、そこで初めて増税の議論。総理大臣が説明責任を果たし、国民に頭を下げ消費税増税をお願いするのが筋です。

みんなの党の考えは間違っていますか?当り前のことを言っていると思うのは私だけでしょうか?

地獄の東海道修行

昨日は、渡辺代表、愛知に入れず、多くの皆様がたへご迷惑をおかけいたしました。
申し訳ございませんでした。私もショックで昨晩は萎れておりました・・・

代表入りがないとわかっても、豊橋では、多くのマスコミの皆様・そして渡辺ファンの皆様に囲まれ、その暖かな瞳に、また涙が出てしまいました。



豊橋駅みずほ銀行前、最初に私がマイクを握った場所です。政治家としての原点です。
「絶対に、代表と一緒にここに立たせて頂きます!ここでないといけないのです!」一番がっかりしたのは、私なのかもしれません。皆さまに申し訳ないのと、代表の代わりができない未熟さの不甲斐無さで眠れませんでした。

しかし、そんなことは言っていられません。今朝も新守山から朝のご挨拶。そして昼からは、蒲郡のJC討論会に向け、東海道の旅にでました。

金山から始まって、大高・大府・刈谷・安城・岡崎・蒲郡、降りては演説、乗っては降りの街宣道中。炎天下の中、喜美ちゃん人形と旗、スピーカー2個もって、旅がらすです。
本当に炎天下です。梅雨明けか?と思わせる気温に、演説中に意識が遠のく場面も。やっと蒲郡に着いたときには、討論会どころではなくなっていました。スーツもべちゃべちゃ。意識朦朧。このまま討論会には行けません。蒲郡駅近隣のホテルにお世話になり、ご好意で着替えもさせていただきました。

蒲郡の討論会、名古屋と違ってアットホームな感じでした。「農協改革・農業委員会改革で、世界に通じる産業に、日本の農業を押し上げる!」ちょっと鼻息が荒かったでしょうか。(笑)

帰り道、事務局長に噛み付きました。だって、討論会の候補者7名でこんなに日焼けして真っ赤な顔は私だけ。ちょっとショックだったのです。皆さん、どんな活動をしていらっしゃるのでしょうか?なぞは深まるばかりです。

女は度胸!

中日新聞主催の参院選立候補予定者討論会に参加してきました。
前回の公開討論会と違って、金屏風の前に座らされ、聴衆なき討論会。誰に向かってしゃべったらいいのか。とても不自然。金屏風も結婚式以来、超緊張!

みんなの党は、6名の国会議員のため、一番はしっこ。いつもながら弱小党の微妙な立場を見せつけられます。まあ、これも良い体験です。

最初は、前回の公開討論会のように、長々と必死に話しておりましたが、ハタと気がつきました。アッ、これは、新聞だ!そうです。私たちの文章がそのまま記事にされるわけではないのです。ポイントだけしっかりと話した方が、記者さんにも親切です。そう思うと、肩の力が抜けました。最初は目の前のオレンジジュースさえ手に取ることができなかった私。一気に飲み干してしまうくらいにリラックス。公示後に掲載されるそうですが、どんな出来上がりになるのでしょう。楽しみです。

それにしても3時間の討論会、フワフワのソファーは「針のむしろ」でした。終わったころには、隣の社民党青山さんと「腰いたいですよね~」

帰って一休みと思ったのですが、街頭が私を待っています。雨の一宮街頭です。激しい雨で、あまり人もいない状態でしたが、数名の方が立ち止まってくださいました。雨の中、お騒がせいたしました。

そして・・・・びしょぬれで事務所に帰ってきたら、ショック!明日、国会で内閣不信任案を提出!それは、代表が明日、愛知に入れなくなったということです。こ・こんな時間になってそれが分かるとは。

しかし、そんなことでは、負けません。動じません。毎日おこる突拍子もない出来事に、度胸もついてきたようです。党本部車は豊橋に入ります。薬師寺、予定通りに豊橋に立ちます。集まっていただいた皆様にがっかりされないよう、代表の分も張り切ります!よろしくお願いもうしあげます。

シエンタ号も準備完了!

今日は、飛島村・あま市・大治町・津島市・愛西市におじゃまいたしました。
残念ながら、降ったり止んだりのお天気。街頭に立ちたくても、人がいません。そこで、シエンタ号に乗り、ひたすら町を走っておりました。

そうだ、紹介するのを忘れていました。シエンタ号がお色直しをしたのです。いよいよ目の前に迫った選挙戦、それに備えるために、ちょっとバージョンアップさせました。スピーカーの音量も5倍増し、そして屋根の上にも「みんなの党」看板を乗せました。

コンビニに止め、休憩をとっていると、隣から可愛い声が聞こえてきます。「パパ、あのシエンタ、すごいよ。うちのシエンタもあんな風にしようよ。」それはちょっとお勧めできませんが・・・(笑)でも、うちのチビも新しいシエンタ号が大好きです!

日に日に7月11日が迫ってくるのを感じます。町の反応が違います。手を振る皆さまの顔も真剣です。最近マイクを持つと、その責任の重さを感じます。愛知で初めての支部開設、私にしかできないのです。「みんなの党」を皆さまにご理解いただく役割は、私に託されたのです。まさに「リーダー」にならんことを要求されています。

こんな時こそ、胸をはり、堂々と前を見据え、しっかりと自分の思いを等身大でゆっくり話してまいりましょう!これからが試される時です。私らしく、私らしさを失わず、ゆっくりと歩んで行こうと思います。

梅雨入りだ~

梅雨に入りましたね。今日は傘を持って、街頭に立っていました。
梅雨は好きではありません。髪型もくっちゃくちゃ・服もべちゃべちゃ。お洗濯ものも乾きません。

でも、今年はそんなことは言ってられません。この梅雨を制しなければ、夏は来ないのです。そこで、雨ふりグッズの収集に走っています。

まず、傘、透明な傘でないと顔が見えない。でも、ビニール傘ではちょっとお粗末。スタッフが探してきました。ピンクの縁取りの透明傘です!すごいですね~、うちのスタッフは何でも探してまいります。そして、靴。レインブーツをはくわけにはまいりません。黒のビニール素材のヒール靴。これで雨道も大丈夫。スタッフ用には、沢山の透明レインコートを買い込みました。防水スプレーも完備。タオルもたっぶり乗せました。

でも、今日も雨は降ったりやんだり。なかなかレイングッズの出番がありません。う~ん、ちょっと残念。




明日のお天気は・・・降水確率、あまり高くなさそうです。ここまで準備万端なのに、なぜ雨は降らないのでしょうか。「先生はもともと晴れ女なんですよ!」スタッフにそう言われ、納得。

テルテル坊主を逆さに吊るし、「雨、雨、降れ、降れ、母さんが~!」事務所で一人歌った薬師寺でした。

政治家のストレス解消法とは?

昨日から、ガラス張り本部街宣車が愛知入りしています。実は、これ、第2号!第1号よりもちょっとチビちゃんなのです。いよいよ選挙戦に向け、本部も体制が整ってきたようです。

せっかく「珍しい」車があるのです。皆さまに見ていただこうと、東山動物園、星が丘、日進、三好、刈谷、蒲郡、一日中かけて、名古屋~東三河周辺を走り回りました。素晴らしい反応です。対向車はびっくり!「前見て走ってください。危ないですよ~」マイクを通して注意を喚起。それにしても、子どもたちは、純粋ですね。どこに行っても喜んで手を振ってくれます。

最近嬉しいのは、「がんばれよ!死に物狂いで頑張れよ!絶対に、皆、分かってくれるから!」熱心な「みんなの党ファン」が増えたことです。ブームで終わらせてはならないのです。いよいよです。6月24日公示日・7月11日投票日も決まりそうです。気が引き締まる思い、怖くもあり、嬉しくもあり。

しかし、国会のこの迷走ぶりに、怒りがこみ上げる毎日です。選挙のための国会運営などあっていいものでしょうか?

今、一番重要なのは、「国の経済・財政をどのように立て直していくのか」、「人口減少社会に耐えうる社会保障制度をどのように構築していくか」、「国際力がある産業をどのように作り上げていくのか」、それに尽きると思います。その中で、なぜ、郵政改革法案に右往左往しなければならないのでしょうか?木を見て森を見ず。その言葉そのままです。

「最近、ドスがきいた演説になってきましたね。」久しぶりに街頭取材にいらしたテレビ局の記者さんに言われてしまいました。「街頭で国会に対する不満をぶつけているのかな~」スタッフに問いかけると「それが政治家です!」即答でした。え~、私の可憐なイメージはどこへ行ってしまったの?「そんなものあったら、立候補など考えませんよ」一刀両断!厳しいスタッフのお陰で、明日も「ドス」のきいた演説、がんばります!

Home > Archives > 2010-06

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top