Home > Archives > 2010-05-10

2010-05-10

刈谷で受けたテレビ取材

今日も暑かったですね。「連休の勢いで、ここまでがんばちゃおう!」というノリで出発です。



刈谷・碧南方面に向け、高速を走りながら、「あれ?今日は車が少ないね~」と話していました。刈谷サービスエリアオアシスで、池の向こうから「おはようございます!」とご挨拶。朝早いというのに、道には、駐車場に入れず、多くの列ができていました。

ここ、とてもいいですね~。高速のサービスエリアとは思えない!緑に観覧車にショッピングセンター・子供の遊び場・・・・「今度、チビも連れて行きたい」と早速ママさんチェック!おくつろぎの中、お騒がせいたしました。

刈谷駅へ向かい、街宣しながら町の中へ。でも、今日はどうもおかしい???町の中に人がいない???高速が混んでいないのも、皆、連休の疲れで、自宅でお休みなのでしょうか?

刈谷駅、久しぶりに言ってみると「ワッ、変わってる!」スタッフも私もびっくりです。電車が止まるたびに、陸橋に多くの方が立ち止まり、耳を傾けてくださいました。温かな瞳に、またここに来てみたいと、次へ期待がもてる駅でした。

そこへ急な連絡が。突然、中京テレビさんから電話が。「取材したいので、待ってます」という連絡でした。月曜日夕方の「every」で18時15分ごろからの放送だそうです。ショッピングセンターを回りながら、いつものように、地方議員や協力者もいない中、場所決めでも右往左往している私たちをバッチリとカメラに収めていかれました。

効率よく回る・人の多いところだけで話をすることは、「みんなの党」特に我々愛知県支部のポリシーに反します。少ない聴衆だからこそ、伝わることがあると信じています。そして、医療過疎地域(医師や診療所がない・少ない地域)をなくすことが私の主張です。だからこそ、医療の現状を小さな町・村を回り、「医療を救っていただくお力を貸してください!」とお話する意味があると思っています。

こんなところまで・・・・と思われるところに我々シエンタ号は出没します。どうか、皆さま、お目にそしてお耳にかかれましたら気軽にお声をかけてください。一期一会を楽しみにしております!

Home > Archives > 2010-05-10

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top