Home > Archives > 2010-05-04

2010-05-04

勉強になりました

今日は豊橋のスタート、豊川市、新城市、東栄町、豊根村、設楽町、茶臼山高原へのドライブコースです。 外に出るとお天気マークそのまんまの太陽!今日もいいことありそうです。

まずは、ボランティアの方と豊橋駅で待ち合わせ。「豊橋の皆さま2度目のこんにちは!」と今日初めての街頭です。

設楽に向かうコースを選択したのは、設楽ダム予定地を見学させてもらうため。「みんなの党」はしがらみのない政党です。一定の団体の支持をもらうために、風見鶏にはなりません。まず、自分の目で確かめて、データをもとに党の方針を決定いたします。良いことは良い。悪いことは悪い。いつでもはっきりと言える、それがみんなの党の強みだと思います。

車の渋滞に時々巻き込まれ、ショッピングセンターなどで、ゲリラ街宣を繰り返し、ひたすら山道を上がって行きます。昨日は、いつも私が大学で主催する公開講座に参加していただいている方からお声をかけていただきました。今日は、車の中から大学院の教え子が「頑張って!」と声をかけてくれました。車から手を振っていただく皆の瞳もとても温かく、こちらが元気をもらっています。

設楽では、現地でダム反対運動を展開している伊奈先生(元校長先生)に案内をしていただき、現状をご説明いただきました。感じることも多く、早速検討にはいることにいたしました。答えが出るのも、時間はかからないでしょう。それにしても、設楽の自然はすばらしい。澄んだ水、そして美味しい空気。何事にも変えられない、自然の恵みです。次は、子供たちと一緒に訪れたいですね。

ランチをいただいた茶臼山でもシエンタ号は大活躍!駐車場では、多くの方に囲まれて、「みんなの党だって」「みんなの党の車だよ」と大歓迎を受けました。女性スタッフと私のお目当ては、もちろん、「高原のソフトクリーム!」

帰りは、高速の渋滞に巻き込まれましたが、今日も無事に帰還することができました。

ボランティアの皆さま、本当にいつもありがとうございます。そして遅くまで明日の計画を練ってくれるスタッフの皆さま、心からの感謝です。

Home > Archives > 2010-05-04

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top