Home > Archives > 2010-05-02

2010-05-02

挑戦者たち、頑張れ!

市議会議員や地方各級選挙の公募を行っていたことは、私のホームページでもお知らせしておりましたので皆さまご存じだと思います。書類選考も終了し、少しずつ面接を始めております。
その面接の中で、曇りのない直球勝負の心を皆さまから頂いております。私も公募で選ばれた「挑戦者薬師寺」です(このフレーズ、事務局長が好きなんです)。同士を得たこの心強さは、言葉では表せないほどのものです。
今の政治をなんとかして変えたい。でも自分に何ができるのか。果たして自分でいいのだろうか。選挙活動はどんなことをするのだろうか。職場に何と言えばいいのか。議員の生活はどんなものなのか。様々な不安も語ってくださいます。
しかし、誰も、議員のお給料の話や議員生活のメリットなどには関心ないご様子。本気なのだという「覚悟」を感じます。
みんなの党は、政策と理念が一致するものでなければ公認・推薦をいたしません。ただみんなの党に追い風が吹いているから、今の職場より楽になりそうだからという方にはご遠慮いただきます。
みんなの党は、「一人ひとりが自己実現を出来る国」を目指しています。「誰にでも、何度でもチャンスのある社会」を実現したいのです。結果としての格差を無くすことよりも、機会を誰もが均等にもてる社会が、今の日本に相応しいと思いませんか?努力すれば報われる、だったら自分も額に汗しながらもう一度踏ん張ってみようという前向きな心・活力を日本に取り戻したいのです。
「自分なんて」「どうせ私は」「無理、無理」そんなつまらない言葉を吐いている暇あれば、一緒に努力してみませんか?「頑張る」ってクールだよねと、若者に言わせてみましょう!
今回の公募は、「素晴らしいチャレンジ精神」をお持ちの皆さまでした。皆さまにもいずれご紹介いたします。どんなメンバーなのか、楽しみにお待ちくださいませ!

知多半島へいざ出陣!

いいお天気でしたね。最高のドライブ日和。薬師寺応援隊は、今日も朝からシエンタ号で出陣です。

今日は、知多半島を一周する予定。さて出発!というその時、テープの音が出ないことに気がつきました。「エッ!」今までテープを流すことはあまりなかったのですが、この5日間を乗り切るために、喉が疲れたら、テープで乗り切ろうと思っていた私には衝撃でした。よし、ここは腹をくくって、神様が「今日一日、生声で頑張れ!」と言っているのだと思うことにしよう。こんなハプニングも楽しむ余裕がまだあります。

良いお天気に、声も弾みます。「みなさん、こんにちは。そして始めまして。こちらはみんなの党でございます。愛知県、初めての支部開設のご挨拶にうかがいました!」しかし、「みんなの党・みんなの党」と連呼しすぎて、ついつい自分のことを伝えることを忘れてしまいます。反省・・・

尾張旭市の市議、山下先生のご紹介で、今日は、知多半島に沢山のポスターが貼れました。しかし、組織がないみんなの党です。まだまだ皆さまがポスターを目にすることは少ないと思います。街角で見つけられたら、「貴重な一枚!」だと写真を送ってください。

愛知で初めての支部開設です。まずは「みんなの党」を覚えていただくところから活動開始です。焦らず、皆さまに「ブレないみんなの党」「しがらみのないみんなの党」を知っていただくために、この連休は全力を尽くしてまいります。

それにしても、世の中は連休モード。行楽地に行くと、子供づればかり。わが子は寂しがっているだろうと胸が痛みました。「ここにも連れて行ってあげたい、ここも喜ぶだろうな~」、そんな思いで手をつないだ親子連れを見ていました。「どうしても、今、やらねばならないことがある。ママが医療を変えたい」、それを理解してくれている家族に感謝!そして子供たちの写真を見ながら、いつも胸の中で手を合わせています。選挙が終わるまで、本当にごめんなさい。

明日は渥美半島を一周いたします。どこかで声が聞こえたら、「今日も頑張っているな」と思ってください。皆さまとのふれあい、楽しみにいたしております。

Home > Archives > 2010-05-02

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top