Home > Archives > 2010-04

2010-04

さあ、連休の始まりです!

いよいよ連休ですね。皆さまはどのような計画をお持ちでいらっしゃいますか?お休みの方、家族サービスの方、お仕事全開の方、皆さま楽しい連休にいたしましょうね!

さて、我々「薬師寺シエンタ隊」は、喜美ちゃん人形と「愛知全県制覇!」に向かいます。 5月1日は知多半島、2日は渥美半島、3日は西三河・北設楽郡、4日三河湾ルート、5日名古屋近郊ルート。長い長~い旅路です。

本当にありがたいのは、それに付き合ってくれるスタッフやボランティアの方々がいてくださることです。皆さんもご存じのように、みんなの党には支持母体も支持団体もございません。だからこそ、活動をお手伝いくださる方は、皆さま自発的に、「みんなの党頑張れ」「薬師寺を支えてやろう」と思い、事務所を訪ねてくださいます。今日も、明日の街宣の準備のために、「のぼり」にアイロンをかけてくださいました。夜遅くまで、スタッフも働いてくれています。

こんなに多くの方々に支えられ、自分の「思い」を皆さまに伝えられる贅沢が、今でも信じられません。だからこそ、一人でも多くの方に私の声を届けたい、届けなければならないと思っています。

この連休中、どこかで私やシエンタ号を見かけたら、気軽に声をかけてください。もし、そんな時、お時間がある方は、是非お手伝いください。飛び入り大歓迎です。

スタッフ共々、皆さまとのふれあい・出会いを楽しみに、これから5日間を乗り越えます!珍道中のご報告は、また明日のブログで・・・

うれしはずかし、パーティデビュー!

昨晩は、喜美先生の成長戦略セミナーに参加いたしました。しかし、新幹線に乗り、たどり着いた時には、すでにパーティーモード。とにかくすごい人人人・・・・かき分けて前に進むのが大変でした。

たった一人で参加した私は、心細く慣れない雰囲気に戸惑ってしまいました。前方には、立候補予定者の皆さんの顔もチラホラと見えちょっと安心。周囲を見ると、議員の皆さまも堂々とした振る舞いで、皆さんとの会話を楽しみ、ご挨拶。初めての政治家パーティーデビューに、「あ~、なんて場違いの所に来てしまったのだろう」と小さくなってしまいました。

柿沢先生の司会でパーティーの開始です。幹事長・浅尾先生・山内先生・川田先生の御挨拶に加え、「テレビタックルの政治評論家、あの人だ!」という方、「読売新聞の一昨日の一面、架空小説面白かったですよ~」という方のお話も伺い、ちょっと得した気分に浸っていました。そこに突然、「候補予定者の紹介です」のコール。

「そんなの聞いてないよ~(息子風)」と声をあげたくなるのを押さえ、壇上へ。ハッと「そうだ、今朝の街頭で、小雨に降られ、髪の毛ばらばらだ・・・」と反省してももう遅い。700名近い方の目にさらされてしまいました。

学校の講演では、900名くらいを相手に話しても緊張しないのですが、マイクを渡され、顔をあげたら、真剣にこちらを見つめる目が1400個!超緊張!!このくらい学生も必死になってくれるといいのに・・・と内心思いながら、愛知から医師として国民のいのちを守るために立ちあがった旨、お話いたしました。よほど朝のことが頭にきていたのでしょう。(前回のブログみてください)知らず知らずのうちに、「愛知は激戦区です!頑張ります!どうか応援してください!」と叫んでいる自分がいました。ハハハ・・・

多くの皆さまと名刺交換もさせていただきました。まだまだ不慣れで、オドオドしている自分が情けないのですが、「ブログ見てます」「シエンタ号、かわいいですね」と声をかけられ、本当に嬉しく、皆さまから多くの元気をもらって帰路につきました。

経験したことのない世界を、まさに0から歩きだしています。焦ることなく、一つ一つ、階段を上がっていこうと思います。

朝街頭は「くせ」になる

「今朝は雨かしら?」と心配していましたが、なんとか持ち堪えてくれると判断し、野並の街頭に出発です。喜美ちゃん人形と一緒にドライブは楽しいものです。

朝の野並はすごい人の波でした。バスから降りて地下鉄の入口に突入する皆様の間をぬって、街頭演説をいたしました。

「おはようございます」の挨拶にびっくりした顔で皆様こちらに注目です。足早に通り過ぎながら、喜美ちゃん人形と私の顔を見比べ、「アッ、みんなの党か~」という声が聞こえてきそうに、うなずいていらっしゃいました。お忙しい中、足を止めてくださる方、わざわざ手をのばして新聞を取っていただける方、そんな皆様とのふれあいは本当に幸せです。

なっなんとそこへ「民主党」ののぼりを持った一団が・・・・

おまけに「本人」のたすきをかけた、まさに斉藤さん「ご本人」が、わたくしの前を通ってすぐわきで手をふり、パフォーマンスを始められてびっくり!今朝間違って「民主党」というのぼりを立ててしまったかしら?と、後ろを振り返り、「みんなの党」ののぼりを確認してしまいました。選挙って、なんでもありの世界なのでしょうか?

一般人の私は、選挙戦は「政策を戦わせる場」という意識があります。そのつもりでいつも街頭に立たせていただきます。スタッフも皆、そう思っています。今日は、スタッフ一同、他党の強引な手法に、「???マーク」が頭の中に飛んでしまいました。

気を取り直し、朝街頭が「くせ」になってしまった私のわがままでもう1か所。

新瑞橋で交差点の皆様にごあいさつ。ここでも、握手をしてくださる方、自転車を止めてくださる方、多くの皆さまの暖かな心にふれ、今朝もよい気分で街頭を終えることができました。今朝もお騒がせいたしました。野並・新瑞橋の皆様、ありがとうございました。

手作り選挙でがんばっています

日曜日は天気も良く街宣日和でした。今日から強力なボランティアも参加。「行ってきま~す!」の掛け声で出発です。

今日は、一宮・扶桑・大口をゆっくり回りました。組織のない私たちは、下見から始めねばなりません。この辺りは、「いのちの教育」でお世話になっている学校が多いところですが、休日、どこに人が集まるのかが分かりません。ショッピングセンター前でも、ほとんどの方が車で通り過ぎていくだけ。しかし、車の中から手を振っていただいたり、お声をかけていただいたりと皆さまの温かさには、いつも感謝感謝です。

「しがらみのないみんなの党」です。組織の選挙に頼らない。それなりの苦労は覚悟の上です。愛知で、初めての支部開設です。まず、皆さまに「みんなの党」を知っていただくところから始めねばなりません。車でも、テープを流すのではなく、マイクを握って一生懸命に訴えます。休日のお昼時、大声で失礼いたしました。

一日話続けていると体力を消耗いたします。お昼には、COCO一番のカレーを皆でぺろり。藤まつりという看板を見つけ、ちょっと門前にもお邪魔いたしました。

効率がいいとは言えないのかもしれません。しかし、ボランティアの方々と一緒に手作りの選挙で戦ってまいります。もし、みんなの党「シエンタ号」を見つけたら、「ここに人が集まっているよ」と教えてください。よろしくお願いします!

本物の「男」をあなたは見たことがありますか?

25日日曜日の朝刊に、渡辺代表の発言を各紙が報じています。

なぜ、民主党の河村市長をみんなの党が応援するのか不思議に思われる方もいらっしゃることでしょう。しかし、私には、全く違和感がありません。

みんなの党は「アジェンダ」の政党です。数合わせの寄り合い所帯でもなければ、仲良しグループでもありません。政策が一致する物が集った政党です。

以前から代表の発言をマスコミ等でチェックされている方は御存じだと思います。その主義主張が一貫しております。ブレません。「アジェンダが一致する所とは協力する」それだけです。河村市長の市長選の際に、民主党の議員ではなく、他党の渡辺代表が応援に駆けたことは有名です。

河村市長の減税・市議会議員定数削減・市議会議員給与カットという政策は、まさにみんなの党のマニフェスト『増税の前にやることがあるだろう!・・・ストップ!「役人天国」「議員帝国」』と同じ考えです。みんなの党も、「国会議員の定数削減・定数削減」は一丁目一番地の政策です。

党を超えて応援する意思を固めた渡辺代表を横にして、「只者ではない!国民の政治不信を払しょくできるのは、この人しかいない!政策中心の政界再編は本気だ!」その男気に惚れ直しました。

代表を見て、ぽ~としていたら、『エッ、でも、今「薬師寺事務所で・・・」って。薬師寺って私????』ふと我に返り、自分が渦中の人であることに気づき、「こりゃ大変だ~」と再認識した薬師寺でした。

代表、来る!

横にいるだけで、立っていられないほどの威圧感。自然と、距離を置きたくなるほどの圧迫感。みなさんは、感じたことありますか?

今日は、ナナちゃん前で、代表をお迎えし、街頭演説会を開催しました。

多摩市長選挙でも活躍した「喜美ちゃん」人形を連れ、準備万端。張り詰めるほどの緊張の中、いざ出陣!

到着するとすでにテレビカメラと記者さんの黒だかり。思わず、「きいてないよ~、なんなのこれ~。」と声を上げてしまいました。

緊張の上の緊張。そして寒い風。足の震えは止まりません。そして、運命の3時。秘書の乃里子さんの誘導で、いよいよ演説会の開始です。

緊張で頭が真っ白。最初の5分、言葉を出すので精一杯。どうしよう、どうしよう・・・焦ってさらに言葉が出ない。その時です。「がんばれ~!大丈夫だよ~」声が聞こえてきました。

冷静になってみたら、そこかしこに知った顔のみなさん。企画会議のメンバー。事務所に訪ねてきてくださったサポーターの方々。週末、いつも演説のチェックに来てくれる同級生。お子さんを連れてきてくださった方まで。やっと、自分を取り戻すことができました。本当に、本当に、ありがとございました。今日も皆さまに助けられ、一生懸命に訴えることができました。

代表の到着とともに、携帯を向けている人・人・人・・・小学生のお子さんまで、必死に代表の話を聞いています。横にいる私も、ただ聴衆の一人となって、聞き惚れていました。すごい、ただものではない。(当り前か)

河村市長のリコール運動への協力・市議会議員選挙に向けての公募の開始など、さらっと実はすごいことを盛り込んだ、あっという間の30分。近鉄の入り口までお見送りをいたした私に、「大丈夫、2か月で演説も上手くなるよ」という温かい言葉と笑みを残して、去っていかれました。

「まだまだだね。」相当な落ち込みと緊張からの解放で、しばし放心状態。やっと今、同級生からの応援メールで立ち直れました。

さて、明日の朝刊は、どのように今日の代表の「大胆発言」を報じるのでしょうか?注目です!

緊急告知!

本日は、ご報告がございます。

明日24日、15時から名古屋駅東口ナナちゃん人形前で街頭演説会を開催いたします。

なぜ、名古屋駅前なのかと申しますと・・・・

身体は小さくても、ビックネーム。そしてオーラの量は只者ではない、立ってるだけで絵?になる「渡辺代表!!!」が名古屋にいらっしゃるからです。

ご一緒するたびに思います。どうしてこんなに存在感があるのかと。

新幹線で途中下車なさいますので、乗り継ぎの時間に街頭に立っていただきます。

「生代表を見たい!」と思われる方は、15時25分~55分までの間に、是非いらしてください。

我々みんなの党愛知県支部のスタッフ一同、お待ち申し上げております。

そして、今日は企画会議のメンバーで「ツイッター勉強会」を開催いたしました。使い方やログインの仕方など初歩の初歩から丁寧に教えていただきました。

一度覚えてしまうと、瞬時に反応が返ってくる面白さにはまってしまいます。つながっているという感じがいいですね。

これからはどんどん「つぶやいて」みようと思います。

アッ、忘れていました。@minna_yakushijiを是非フォローしてください。どんどんつながってまいりましょう。

勉強会に参加していただいた主力メンバーの方から、「最近、ブログが長いです~」とご意見をいただきましたので、今日はこのあたりで。

明日の街頭にエネルギーを残しておきます。

思わぬ新聞記事の効果

4月20日付けの朝日新聞全国版に「みんなの党の支持率がなぜ急伸しているのか」という記事が載っていました。私も取材を受け、記事の一部に取り上げられています。

20日当日、チェックするのをうっかり忘れていたら、大学の同窓会MLで友人から「薬師寺が載っているから、みんな見てね!」というメッセージが流れ、私もびっくり。慌てて近くのコンビニに買いに走りました。

記事には、東京都の多摩市長選でも「みんなの党」候補者が健闘し、民主・共産・社民などの推薦で当選した候補者に1500票差に迫った様子が紹介されていました。これは、みんなの党の急伸ぶりを全国に印象付ける結果であり、参院選後の政局に向け、みんなの党はまさに「台風の目」になってきたと締めくくられています。

本格的に立ち上げたばかりの「みんなの党参議院愛知県支部」です。最後に紹介されている私の活動については、「スタッフの人数も少なく、支持団体もない中、目下の懸案は、公示日に1万3千ある掲示場にポスターをどうやってはるかだ」と報じられました。まさにその通り。手薄な態勢がそのまま文字になってしまった・・・と苦笑い。しかし、意外なことに、「新聞見ました。自分もポスター張りのお手伝いさせてください」という連絡を連日いただくようになりました。うれしい誤算とはこのことでしょうか?

街頭に立っていても、道行く人の目が温かく、まだつたない演説にも、一生懸命に耳を傾けてくださいます。車の窓から手を振ってくださる方、声をかけてくださる方。「そんな皆さまのためにも頑張らねば!」と、最初には思わなかった程の大きな力を毎日いただくようになってきました。

今はまだ、「民主・自民の二大政党への不満のはけ口として選ばれている」と新聞では分析がなされていますが、「みんなの党でなくてはならない」と言われる存在になりたいと強く思うようになってきました。

渡辺代表と御一緒する際に、私に良く話をしてくだいます。「分かるでしょ?正しいことを正しいと訴えていると、絶対に人は集まってくるんだよ」その言葉の意味が、ようやく私にも分かってきました。

新聞には、渡辺代表のマスコット人形の写真も写っています。同じものを、名古屋の丸の内事務所にも置いています。放送が開始された韓国ドラマ「アイリス」の秋田ロケ地も盛り上がっているそうです。イ・ビョンホンまでとは申しませんが、「喜美ちゃん人形」もそれなりに見応えがございます。実物を、一度見にいらっしゃいませんか?

情けは人のためならず

昨日の嵐のような一日と打って変わって、穏やかな一日でした。

昨日の遊説中、支援者の方から「日本創新党」のことをテレビで放映されているので、勉強しておくようにとアドバイスをいただきました。しかし、シエンタ号には、テレビがありません。何とも使いにくい、少々お茶目なカーナビがあるだけです。では、ということで、今朝は報道番組のチェックから始めました。

しかし、残念ながら、新党についての枠はあまり多く取られていませんでした。リモコンを握りしめながら、ネットサーフィンならぬチャンネルサーフィンで、一生懸命に情報をつなぎ合わせていました。

それもそのはず、アイスランドの火山噴火で、ヨーロッパの交通機関がストップしてしまい、多くの観光客、そして世界中の産業に影響が出ているという世界的な大事件が起こっていたのです。我が家でも家族の一人が、ヨーロッパへ旅立つ予定でしたが、フライトがキャンセルされ、日本に足止めされています。次のフライトを確保することができず、今後の予定が全くたたない不安な日々を送っています。

自然というものは、恐ろしいものです。これだけ技術が進んだ現代社会においても、手も足も出ません。地球の怒りが収まるのをただ待つことしかできません。マグマを吐き出しながら、真黒い噴煙を上げ、稲光が出ている火口の映像を見ると、まさに「地球の怒り」そのものです。

一方、空港では、足止めされた外国の方々がベンチで寝泊まりしている姿が放映されていました。地域の旅館の皆様が炊き出しを行っているという報道もありました。きっと、海外で待機している日本人観光客の皆様も同様の状態にあると思います。

しかし、こんな時だと思いませんか?海外の皆様に、日本人が持っている温かな心を見ていただけるのは。公として、成田やその他の空港で足止めされている方々に対し、もっと手厚いサービスを提供できないのでしょうか?心身に不安を抱えていらっしゃる方もおいでのことと思います。そのような方がベンチで寝泊まりしている姿は、医師として許せません。

このような非常時の対応こそ、日本の真の品格・そして懐の広さを示すことができると思うのは、私だけでしょうか?「情けは人のためならず。」世界的にも、日本のリーダーシップが疑われている今こそ、日本人ならではの温かな心を見せる時なのではないでしょうか?

今日も走りまわった一日でした

今日は、上田さん青山さんという最強コンビのボランティアも一緒に、丸の内の事務所からのスタートでした。シエンタ号がパンクしそうなほどの荷物と人。窮屈な中、がんばってくださった皆様に感謝です。

東岡崎駅からは最強の㊙人物が合流し、昨日お世話になった山下先生御夫婦と共に、早速準備にとりかかりましたが・・・・なぜか人影がありません。早々に、切り上げ、岡崎駅・イオン・交差点など、人を求めてゲリラ戦のように走り回り、街頭を行いました。

「何だか今日は人が少ないな~」と諦め気味だった私たちの耳に、河原から大きなスピーカー音。見ると黒山の人だかり。皆さん、温かな気候に、岡崎公園の散歩や河原のイベントに参加していたのですね。街中に人がいないわけだ。

こちらもドライブ気分で、岡崎公園の周囲をゆっくり街宣していると、結婚式を終えたばかりの新郎新婦の御一行。「きれい~」の大声を、思わずマイクを通して発してしまいました。大変失礼いたしました。どうかお幸せに。

ここまで来たのだからと、必勝祈願のお参りに、一路、一畑山薬師寺へ。薬師寺つながりでどうしても行ってみたいという願いが叶いました。

駐車場では、可愛いシエンタ号に背広の黒々としたなんとも可笑しな集団に、お寺の関係者から、「どちらさまでしょう?」の声がかかりました。怪しい集団でないことをおわかりいただいたのか、タオルのお土産をいただきました。「必勝祈願!」無事終了いたしました。

その後、街宣をしながらの安城入り。ここでも人影がないため、公園などをめぐりながら、マイクを通しての訴えです。

そしていよいよ、今日最後の街頭演説は安城駅。慣れぬことに疲れ切った私には、またまた嬉しい出来事が。同級生が差し入れを持って演説を聞きに来てくれました。お菓子が嬉しかったのは、もちろんですが、私の話を聞いて、的確なアドバイスをしてくれるその心に感激です。

お話を聞いてくださった皆様、ご声援をいただきました皆さま、本当にありがとうございました。今日も皆さまに支えられながら、無事シエンタ号は丸の内までたどり着きました。

帰り道の渋滞で、ずっと私の街宣にお付き合いいただきました前後の車中の皆様、本当にご苦労さまでございました。

Home > Archives > 2010-04

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top