Home > 日記 > みんなの党旗、愛知に立つ!

みんなの党旗、愛知に立つ!

  • 2011-04-25 (月) 22:30
  • 日記

24日、党一地方選の後半選の結果が出揃いました。

みんなの党愛知は、4議席獲得することができました。「やった~!」と真夜中に何度叫んだことでしょう。やっと、やっと、愛知にもみんなの党の灯をともすことが出来ました。

豊田で候補者と共に万歳をして、支援者の皆さまと抱き合って喜びました。皆さまに「みんなの党の皆さまのお陰です」とお声をかけていただいた時には、涙が止まりませんでした。

尾張旭市の山下幹夫・日進市の神谷しげお・豊田市の青山さとし・江南の江口まさあき

この4名がみんなの党愛知の現職地方議員となりました。

長かった・・・・本当に長かった選挙戦でした。

私、薬師寺は、参議院選から1年間、戦い続けてまいりました。

参院選・知事選・名古屋市議選・県議選・市議選・・・・数えてみたらチーム薬師寺は、1年間に5つもの選挙を戦い抜いてまいりました。

初めてマイクを握ったのは、昨年の4月の終わり。豊橋駅の前でした。全くの政治素人であった私は、それから丁度一年間、休む暇なく街頭に立ち、休み暇なく選挙戦を戦い、やっと、ここまでくることができました。

風頼みではなく、地道に地道に、お一人お一人に訴えてきたこの一年の結果が、今回の4名の地方議員誕生の御褒美だと思っています。

私自身は、まだ現職でも候補者でもありません。どんな強風が吹いてきても倒れないだけの「地盤」を築き上げるまだまだ途中、修行中なのです。

私が夢の入り口に立てるまで、もうしばらく時間がかかりそうです。さあ、また今日から仕切り直しです。チーム薬師寺の面々と共に、また一歩目から始めてまいります。

本当に長い一年、充実した一年でした。皆さま、ありがとうございました。

Comments (Close):7

メタボリック・ジャパン 11-04-26 (火) 15:13

結党以来、草の根運動で支持層をつくってきたみんなの党。地域が主役、民間が主役という至極まっとうな政策が支持されないはずがないと思うのですが、政治への無知や無関心には、ほんとうに地道な戦いが必要だということがわかります。

ネット時代とはいえ、大手マスコミが横並びで復興増税やむなしの論調に傾き、みんなの党の提案にはシカトを続けています。震災で疲弊し、節約・自粛ムードで萎縮した経済にトドメの一撃を加えるような増税はなんとしても避けてほしい。増税の前にやるべきことがある!

当選された皆さんのご活躍に期待しています。

いそがい 11-04-26 (火) 16:03

愛知でも当選しましたね! おめでとうございます。薬師寺さんが夜中に何度もやったぁ、と叫んだとのこと(笑)。今までのご苦労を考えると分かりますねぇ。
怪しげな(?)ゲンゼイ風も下火になってきたようで、やっとまともな政治状況が来るのではないでしょうか。これからの愛知県のみんなの党の更なる躍進に期待しています。

あなきん 11-04-28 (木) 4:28

「尾張旭市の山下幹夫・日進市の神谷しげお・豊田市の青山さとし・江南の江口まさあき」

ご当選おめでとうございます。

名古屋市議会では暫定的ではありますが、議員報酬半減案が可決され、河村市長の庶民革命が少しづつ進展しています。
 震災をきっかけに「恒久増税」を目論む霞が関。方法論の相違はあってもそれをのりこえて、地方から減税と改革の動きを加速させ世の中を変えていかないとなりません。
 みんなの党も法人税減税をかかげる減税政党。
少しづつでも改革をすすめ、政治のしがらみをなくし、有権者の政治への意識を変える第一歩が記せたことを心から喜びたいです。
 関係者の皆さんお疲れ様でした。
減税日本のみなさんのがんばりを実現するためにも、同じ減税庶民派のみんなの党のアジェンダが不可欠です。
 連携しあい刺激しあい既成政治のからをぶち破ってください。
古い自民党政治、霞が関に洗脳されまくりの民主党政治、未だに冷戦時代のマルクス主義革命を夢見る共産党の姿勢は、もうたくさんです。

衆院愛知3区のみんなの党 老支援者 11-05-06 (金) 10:47

昨年夏の参院選から続いた選挙イヤーが
先月末の統一地方選で無事終了。

薬師寺さん、やっと愛知に「みんなの党」の
旗が立ちましたこと祝着至極に存じ上げます。

何もないゼロからのスタート、このご努力には
敬意を表するものでございます。

総括ではありませんが、気になることを
数点申し上げたいと思います。

1.名古屋市議選を公認候補として戦った
一部の人たちが、名古屋市議選で大量当選させた
地域政党の選挙手法に疑義や問題点をネット上などで
勝手に吹聴していること。既に1年間の党員期限が切れて
今年度の党費納入しないので、「みんなの党」とは
関係ないとか手前勝手なことを申しております。

確かに、名古屋市議選に新人候補を大量当選させた
首長主宰の地域政党の選挙手法には数多の疑問点や
問題点は、一般市民・有権者でも感じてはおります。

しかしながら、『カネ』や『飲食』によるような
公選法上極めて悪質な違反が行われていた気配や
噂は聞き及んでおりませんし、司直が捜査している
ような事案でもありません。

立候補者には大変申し訳ない、失礼な言い方かも
知れませんが、供託金没収されるような得票数の
方(負け犬)が、負けた腹いせで「イチャモン」を
つけているようで、大変見苦しいことです。

もし、名古屋市議選の選挙手法に明らかな疑義や
公平性に問題があるなら「みんなの党」を挙げて
調査や追及、キャンペーンを行って頂きたい!!

単に元公認候補者が勝手に行っていることで
「みんなの党」とは一切関係ないものであれば
元公認候補者に慎重な発言や行動を求めるように
お願いしたい。聞く耳持たぬという考えならば
誠に遺憾ではありますが、遡って『除名』し
「みんなの党」とは一切関係ない旨の告知を
お願いしたい。

2.地方選挙への候補者大量擁立を優先して
候補者の「身体検査」が疎かになっていたのでは
ありませんか?

前述の元名古屋市議選候補者ら、そして先月の
統一地方選候補の中にも『・・・?』と違和感を
感じた公認候補も複数あり。

過去、固定資産税の高額な延滞がありながら
首長選に出馬云々やら今春統一選最中に身内の
不幸がありながら喜色満面で『これで選挙に勝った?!』と
小躍りする常識ハズレの不謹慎な方など・・・

3.私は衆院愛知3区内の天白区在住ですが
名古屋市議選で緑区より出馬された公認候補の
政治行動にも苦言を呈します。

選挙事務所費を節約するのも分かりますが
立候補した選挙区内(緑区)に選挙事務所を
設けず、天白区の合同事務所を使用。

事前の政治活動も殆んど緑区内でなく
他の選挙区(昭和・天白区)の応援に
行かれており、おかしいとは感じておりましたが
まさか、市議選落選後に今度は無所属で
天白区で県議選に立候補とは驚きました。

今、批判を浴びている地域政党も
市議選落選候補を県議選に擁立して
物議を醸しておりますが「みんなの党」も
同じことではありませんか。

県議選は無所属立候補なので「みんなの党」は
全く関知しないということでしょうか?

特に緑区の市議選(定数7)は昨夏の参院選や知事選の
薬師寺候補の善戦や比例票からみても、確かな候補が
地道に政治活動を行ったなら、地域政党の『減税』嵐が
強く吹き荒れようとも確実に1議席を取り得た可能性が
高い選挙区であり、誠に残念の極みであります。

また、このような点を天白区役所近くの衆院愛知3区の
「みんなの党」事務所に申し上げたいと思いましたが
昨秋決定した元自民党代議士(衆院愛知1区)の支部長の
方は、今何処におられるのですか。東京に帰られたか
故郷の北海道にお戻りになったのですか? 全く支部長の
方の動きやお顔が見えてきませんのが心配です。

以上、気になった点を羅列致しましたが政治好きの老人の
戯言と黙認されるのもよし、真摯に対応されるのもよし。

来月、息子の転勤で永年住み慣れた名古屋を
後に致します。元々、故渡辺美智雄先生と同郷の栃木出身。

ご子息の現代表を子ども頃よりよく知っていた関係で
愛知県で「みんなの党」を支援してきました。

愛知県の現状を党本部に上申するのは容易なことですが
真面目な薬師寺さんやスタッフの方の今までのご苦労を
垣間見てきたこともあり、何とか「みんなの党・愛知」の
自助努力での改善を強く要望致します。

数々のご無礼をご容赦、「みんなの党」を愛する老人の
遺言としてお受け取り下さい。

S.I 11-05-17 (火) 15:33

衆院愛知3区のみんなの党 老支援者 11-05-06 (金) 10:47
1.名古屋市議選を公認候補として戦った
一部の人たちが、名古屋市議選で大量当選させた
地域政党の選挙手法に疑義や問題点をネット上などで
勝手に吹聴していること。

※上記のコメントをされた方へ

「リコール署名簿流出問題」についての以下の記事をご覧になってから、再度コメントされる事をおすすめ致します。

(1)2011年4月11日付 毎日新聞朝刊
(2)「毎日jp」にアクセスし「リコール署名簿流出問題」をキーワードとして検索してみて下さい。いくつかの関連記事が出てきます。
(3)2011年4月11日・12日付 日本経済新聞

リコール署名簿流出問題は、大量の個人情報の目的外使用による大規模流出の可能性が十分にある重大極まりない問題です。
当該問題に関与した人間は、道義的責任は勿論のこと、法的責任に問われる可能性も十分にあると考えられます。

上記の記事を十分に検討され、再度コメントされる事を切望しております。

S.I 11-09-25 (日) 11:19

皆様もご存知だと思いますが、この9月上旬に、名古屋市議会リコール署名簿の一部がインターネット上に流出すると言う事態が発生致しました。
「毎日jp」にアクセスして頂き「リコール署名簿流出」をキーワードに検索して頂くと、関連記事がいくつか出て来ますので、これらに十分に目を通して頂きたいと思います。そして、この事態について、深く考えて頂きたいと思っております。
私は、このリコール署名簿流出事件が発生した根本原因を「内容・質はどうでも良く、とにかく当選しさえすれば良いのだ。」と言う当選第一主義・当選至上主義・勝てば官軍的な考え方にあると考えております。この考え方が、日本の政治を腐敗・劣化させた重要な一因でもあるのではないでしょうか。
更に問題を深刻化させているのは、各政党・政治団体・立候補者だけでなく、各支援団体も同様に閉鎖的・排他的・偏狭的な当選第一主義・当選至上主義に陥って常識的判断ができなくなっている事だと思います。
国際社会・日本社会のあり方も変化し続けており、もっと幅広い視野をもって物事を考えて行かないと、日本の政治の腐敗・劣化はますます進行し、日本は立ち行かなくなるのではないかと危惧しております。

S.I 11-09-25 (日) 12:33

「内容・質はどうでも良いから、国民を騙してでも何でも、とにかく当選しさえすれば良い。当選しなければ発言力も何も生じないので何ともならないのだから。」と言う当選第一主義・当選至上主義の考え方では、いつまで経っても政治は良くならないと思います。
当選至上主義では、選挙そのものが無意味だと思います。このままの選挙のあり方で選挙を行い続けても、税金と時間と労力の無駄ではないでしょうか。政治不信が激化し、国民の政治離れが一層進むのではないでしょうか。
こんなくだらない選挙に巨額の税金を投入し続けるくらいなら、選挙など全面的に中止し、震災の復興支援や雇用対策に税金を投入した方が明らかに有意義ではないでしょうか。

国民全体で、政治・選挙・社会のあり方を議論すべき時期に来ていると考えます。

Home > 日記 > みんなの党旗、愛知に立つ!

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top