Home > 日記 > 日本障がい者協議会主催の講座に勉強に行ってまいりました

日本障がい者協議会主催の講座に勉強に行ってまいりました

  • 2019-01-26 (土) 17:00
  • 日記

1月24日、日本障がい者協議会が開催した講座に勉強に行ってまいりました。
国連-障がい者権利条約にふさわしい施策実現を求めて!
深く潜む障がい者排除の現実~私たちは、どう立ち向かうか~

日本は、障がいをお持ちの皆様が暮らしやすい社会とは言い難い状況です。
障がい者雇用も数値目標を達成する事が目的となってしまい、労働環境改善を行うことで誰もが働き易い環境を創るという本来の意義が果たせておりません。

本日の講座は、優性保護法被害者-家族の声を社会に伝える活動をなさっていらっしゃる弁護団の「藤木和子さん」のご講演でした。
弟さんが難聴という事もあり、弁護士としてだけではなく、ご家族として一人称のお話も伺う事が出来ました。
先日も議員会館の部屋に遊びに入らして下さった際に、障がいを持ったご家族について意見交換をさせて頂いた所でした。

さらに、全日本ろうあ連盟が行った優性保護法被害の調査結果についても唯藤理事よりご報告を頂き、訴訟原告当事者の北さんの体験談やお気持ちも直接伺う事が出来ました。

現在、超党派の議員連盟で、優性保護法被害についての議論を行っております。
障がい者や病を患った者への差別や偏見が、日本人の遺伝子には潜在的に刷り込まれてしまっているのかと思う経験を私も何度となく致しております。
この思想こそ変えていかねば、未来の日本に明るい光は当たりません。

28日から国会も始まり参議院選挙も本格化いたしますが、私も出来る限り時間を作り学び続けようと思います‼️

 

Home > 日記 > 日本障がい者協議会主催の講座に勉強に行ってまいりました

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top