Home > 日記 > 生きづらさを抱える人たちの物語

生きづらさを抱える人たちの物語

  • 2019-01-25 (金) 8:00
  • 日記

1月18日、生きづらさを抱える人たちの物語一人一人紡ぎだされるストーリー生きづらさを抱えているのは、身体や心に障がいをお持ちの方だけではない社会的な障がい、それはまさに生きづらさ
言葉の一つ一つが「私」のことだ
出演者6人の語りに吸い込まれ、気が付くとそこには誰も座らない7人目の椅子が
そこが私の居場所なのかもしれない

この作品は、社会の中で主流でない人たちや疎外されている人たちの声に耳を傾けることを目的とした演劇作品です。
1992年、アメリカで「ニューヨークで生きる外国人」をテーマに初演して以降、世界各国でそのコミュニティーならではの社会課題を取り上げた作品が上演されております。
今週末は大阪でも上演されます。
「言葉」では表現できないこの作品の凄みに、皆さまにも是非触れていただきたいと思います。

 


Home > 日記 > 生きづらさを抱える人たちの物語

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top