Home > 日記 > 電動車椅子サッカーの大会「WONDER FESTIVAL 2019」

電動車椅子サッカーの大会「WONDER FESTIVAL 2019」

  • 2019-01-19 (土) 10:20
  • 日記

1月12日、東京都障がい者総合スポーツセンターで開催された電動車椅子サッカーの大会「WONDER FESTIVAL 2019」に応援にまいりました。

日本障がい者サッカー連盟が立ち上がり3年。
視覚障がいのブラインドサッカー
聴覚障がいのデフサッカー
精神障がいのソーシャルフットボース
脳性まひのCPサッカー
切断障がいのアンプティーサッカー
知的障がいの知的障がい者サッカー
そして重度障がい等の電動車椅子サッカー
それぞれのサッカーにはそれぞれの見どころがあり、私も7つの障がい者サッカーの大会を、時間の許す限り応援にまわっております。

電動車椅子サッカーは、他の障がい者サッカーと違い「足を使わないサッカー」なのです。
選手の中には、自立した歩行ができない障がいを持った方や上体や首の保持ができないほど重度な障がいを持つかたもいらっしゃいますが、障がいの重さとサッカーの技術とは全く別物です。
巧みにジョイスティック型のコントローラーを操り、ゴールを目指し電動車椅子でボールで蹴り飛ばす姿は他では見られない楽しみがございます。
今日の大会でも、堅い守りでできた小さな隙間を利用してゴールを決める様に、私も立ち上がり大興奮で拍手をおくりました。

残念ながら、電動車椅子サッカーはその存在が一般の皆さまには知られておらず、彼らの卓越した技術を皆さまに披露できる機会も少ないのです。
東京や神奈川では盛んに行われている練習や大会も、関東圏を離れると練習相手を探すのも難しい状況の様です。
まだまだ支援の手も必要です。
ワールドカップも開催されている電動車椅子サッカー。
是非、皆さまも応援してくださいね!
http://www.web-jpfa.jp/index.php

 

薬師寺 みちよさんの投稿 2019年1月18日金曜日

 

Home > 日記 > 電動車椅子サッカーの大会「WONDER FESTIVAL 2019」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top