Home > 日記 > 札幌東ロータリークラブ創立60周年記念事業 ろう者との交流フットサル教室

札幌東ロータリークラブ創立60周年記念事業 ろう者との交流フットサル教室

  • 2018-11-07 (水) 0:37
  • 日記

11月4日、札幌の西当別コミュニティセンターで「札幌東ロータリークラブ創立60周年記念事業 ろう者との交流フットサル教室」が開催され、私も一飛びして参加してまいりました。

今回の教室は、当初、札幌大学で開催されるはずだったのです。
しかし、今回の北海道地震の被害で会場が使用できなくなったため急遽場所を変更しての開催となりました。
被災なさったにも関わらず、札幌東ロータリークラブの皆さまは諦めることなく企画を継続してくださいました。
その熱い信念に感動し、微力ながら応援させていただきました。

「聞こえない世界」の人たちと「聞こえる世界」の人たちとでフットサルを通じて交流!
そのスローガン通りに、様々なご配慮もいただいておりました。
手話通訳は勿論のこと、ろうの子ども達も楽しめる企画も盛り沢山。
日本フットサルリーグ エスポラーダ北海道所属の田辺選手の講演会には要約筆記も付けてくださいました。
ロータリークラブの皆さまは要約筆記を見るのも初めての経験。
一生懸命に準備してくださったことに心からの感謝です。

北海道ろう者サッカー協会の皆さまもご協力いただき、会場は笑顔でいっぱい。
皆、幸せな気分で家路につくことが出来ました。

北海道のこの時期には珍しくポカポカと暖かな一日。
汗だくでボールを追いかけた幸せを、次へと進む原動力として活かしてまいりたいと思います。

札幌東ロータリークラブの皆さま、北海道ろう者サッカー協会の皆さま、本当にお世話になりました。
また遊びにまいります!

Home > 日記 > 札幌東ロータリークラブ創立60周年記念事業 ろう者との交流フットサル教室

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top