Home > 日記 > スペシャルオリンピックス日本愛知ナショナルゲーム閉幕

スペシャルオリンピックス日本愛知ナショナルゲーム閉幕

  • 2018-09-25 (火) 8:36
  • 日記

9月24日、スペシャルオリンピックス日本愛知ナショナルゲームが幕を閉じました。

今日一日、アスリートの雄姿を見ようとバドミントン・バレー・ボーリング・テニス・水泳の会場を回りました。
この2年間、スペシャルオリンピックス応援ワーキングチーム事務局次長として全国様々な地域のスペシャルオリンピックス地区大会やユニファイドの大会を回りました。
アスリートの皆様にも「愛知で待っています!」と声をかけ、友達として応援を続けてまいりました。

そして今日、多くの友人たちのはち切れんばかりの笑顔に再開することが出来ました。
幸せな時間というのはこんなひと時なのでしょう。
水泳会場ではプレゼンターとしてメダル授与をさせていただけるという夢のような時間も過ごさせていただきました。

アスリート一人一人に物語があり、涙あり笑いあり。
皆また2年後の冬のナショナルゲームを目指します。

私にはこうやって応援することしかできませんが、少しずつ触れ合っているうちにアスリートの成長している姿も楽しみの一つになってまいりました。
初めは話が出来なかったのに、次は握手してくれたり、言葉を交わしてくれたり、名前を憶えていてくれたり。
SOの活動は、明らかにアスリートの社会性を育て、人間的な成長の糧になっています。

是非、皆様も地元のSO活動にご参加いただきアスリートと共に思いっきり笑ってみませんか?
自分の中の鎧が一つ一つ剥がれていく心地よさを体験できることでしょう。

Home > 日記 > スペシャルオリンピックス日本愛知ナショナルゲーム閉幕

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top