Home > 日記 > 2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知

2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知

  • 2018-09-23 (日) 8:15
  • 日記

「2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知」が本日、開幕いたしました!
日本ガイシホールで開会式が開催され、1500名を超えるアスリートの笑顔が集結いたしました。

今年の大会スローガンは「超える歓び」
日頃からアスリートを仲間として励まして下さる有森裕子大会会長より「これからの全ての人の未来のスタートになる大会にして欲しい」とご挨拶いただきました。
その言葉にアスリートも素直に元気に応えてくれます。
良いですね、この対話。

実は、アスリートの皆さんは有森さんが大好きなのです。
どの大会に参加しても、有森さんは家族の一員の様にアスリートを受け入れ、そして支えてくださいます。
アスリートが頑張れる一つのエネルギーの源が有森さんの笑顔なのです。

アスリート入場で各県の紹介という大役を担ったアスリート、トーチランの最後を飾ったアスリート、選手宣誓を行ったアスリート、どの顔も緊張の中に満足そうな自信が満ち溢れています。
アトラクションでは、チームしゃちほこのパフォーマンスに全身でその音楽を受け止め、じっとしていられず踊りだすアスリート。
サプライズゲストのGLAYのTERUさんによるSON公式応援ソング「YOUR SONG」の披露では、舞台の上のTERUさんが見えなくなる程、アスリートが我先にと舞台に上がり、最後はTERUさんとマイクで合唱。
ラストは、サンプラザ中野くんさんの「Runner」を会場みんなで熱唱し、その一体感を我々も大いに楽しみました。

障がいは社会にある。
正にその壁を打ち破った瞬間だったのではないでしょうか。

明日から2日間、愛知の9会場で13競技が行われます。
私も各会場を回り、アスリートと一緒になってこの大会を楽しみたいと思います。

Home > 日記 > 2018年第7回スペシャルオリンピックス日本夏季ナショナルゲーム・愛知

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top