Home > 日記 > 愛知県難病団体連合会

愛知県難病団体連合会

  • 2018-09-21 (金) 21:53
  • 日記

9月17日、名古屋で開催された愛知県難病団体連合会の定期大会にお邪魔致しました。
今日の講演は母校の東京女子医大 膠原病リウマチ内科 針谷先生より膠原病診療の最新情報を学びました。

膠原病は長期間にわたって闘病が必要な慢性の病気です。
そのため、病状は患者さまの生活に大きく影響します。
ステロイドを減量しながら生活の質を保つ為に、免疫抑制剤等を仕様する治療を疾患毎にご紹介頂きました。
以前はステロイドしか有効打がなく、多くの患者さまが副作用に苦しんでいらっしゃいましたが、今は医薬品の進歩によって生活の様相も変わっているのですね。

残念ながら、日本では未承認のお薬もございます。
1日も早く安全に使って頂ける事を証明し、病に悩んでいる皆様へお届け出来る様に、私も力を尽くして参ります。

また、9月30日には医療や福祉の制度についての講演会も予定されております。
制度があっても知らないと利用できない。
制度の充実も必要ですが、制度が利用されなければ意味がありません。
お困りのことがあれば役所や患者会、ソーシャルワーカー等にもご相談頂きたいと思います。

患者会の皆様の熱心な活動にはいつも頭が下がります。
今日も学び多い時間を頂きありがとうございました。

Home > 日記 > 愛知県難病団体連合会

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top