Home > 日記 > 電動車いすサッカー東京都大会

電動車いすサッカー東京都大会

  • 2018-08-05 (日) 14:52
  • 日記

8月4日、味の素スタジアムの障がい者スポーツセンターへ「電動車いすサッカー東京都大会」を応援にまいりました。

2016年に日本障がい者サッカー連盟が設立され、
アンプティサッカー(切断)
CPサッカー(脳性まひ)
ソーシャルフットボール(精神)
知的障がい者サッカー
電動車椅子サッカー
ブラインドサッカー(視覚)
ろう者サッカー(聴覚)
の7つの団体が共に連携し、誰でも一つのボールを追いかけ、サッカーが楽しめる環境が整備されてまいりました。

今日も都内の5つのチームが普通のサッカーボールより二回り大きい(サッカーボール5号球の1.5倍)電動車椅子専用のサッカーボールを追いかけ、車いすを微妙に調整しながらゴールを目指しました。

電動車椅子サッカーのその妙技には、いつも感嘆の声が上がります。
微妙な角度を利用して、4対4の頭脳戦が面白いのです。
昨年のワールドカップに出場した選手のプレーは一味違います。
キレと技は世界一流です。

冬には全国大会も開催されます。
皆さまの是非一度、この感動をご一緒に!

Home > 日記 > 電動車いすサッカー東京都大会

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top