Home > 日記 > 2018スペシャルオリンピックス愛知大会・ユニファイドリレーin愛知

2018スペシャルオリンピックス愛知大会・ユニファイドリレーin愛知

  • 2018-05-23 (水) 11:49
  • 日記

5月20日、ライオンズ主催の「2018スペシャルオリンピックス愛知大会・ユニファイドリレーin愛知」に参加いたしました。

いよいよ9月に迫った「スペシャルオリンピックスのナショナルゲーム」

名古屋・刈谷・豊田を中心に大勢の知的障がいを持ったアスリートが全国から集結いたします。

 

今日のトーチランは、常滑。

常滑は皆さまもご存知の様に中部国際空港セントレアがございます。

9月には多くのアスリートがここセントレアを通り、夢と希望を我々に与えてくれるに違いありません。

大府・半田等々、近隣のライオンズの皆さまや、サッカー・野球のちびっこチームのみんな、ボーイスカウト・ガールスカウトも一緒になって今日のイベントを盛り上げてくれました。

 

今日一番のお土産は、大府市の平下塗装の皆さまとの交流でした。

平下塗装には、17名の障がいをお持ちの従業員が在籍なさっていらっしゃいます。

今日も3名が参加し、歩きながら趣味や仕事内容等の話をいたしました。

平下塗装では、全国障がい者技能競技大会・アピリンピックにも出展し、彼らの技術向上にも努めていらっしゃいます。

誕生会や旅行など、家族の一員として彼らを受け入れ育てていらっしゃる姿に、温かな心をいただきました。

お母さんからは「特別なことをしている訳ではない、普通のことです」、そんな声が聞こえてきそうでした。

 

バリアフリー・ボーダレス社会、その様な言葉が独り歩きして理想の社会の象徴の様に語られておりますが、そこに「うんちく」は必要ないと思うのです。

言葉よりも行動。

しかし残念ながら、本気で一緒に人生を歩んでいこうと思ってくださっている方にはなかなか巡り合うことが出来ません。

平下塗装さんの様な皆さまに出会った日は、私にとって宝の一日です。

次は仕事している姿も見に行くことを約束して、今日はお別れ。

屈託のない笑顔に爽やかな疲れでした。

 

Home > 日記 > 2018スペシャルオリンピックス愛知大会・ユニファイドリレーin愛知

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top