Home > 日記 > 参議院予算委員会

参議院予算委員会

  • 2018-05-17 (木) 10:11
  • 日記

5月14日予算委員会、テーマは外交・内外の諸情勢

私は北朝鮮との外交、そして拉致問題について質問させていただきました。

 

今月に入り朝鮮半島情勢は急激に変化しております。

5月9日に日中韓サミットが行われ、共同声明が発表。

北朝鮮に拘束されていたアメリカ人3名が解放。

歴史的な米朝首脳会談もシンガポールで開催されると公表。

 

一方、北朝鮮から「すでに解決した拉致問題を再び持ち出し騒いでいる。全世界が朝米首脳会談を歓迎しているときに、朝鮮半島の平和の流れを阻もうとしている」と日本は名指しで非難されております。

 

日本は南北問題や核廃棄等の安全保障問題についても蚊帳の外に置きたい北朝鮮の思惑を何としてでも打ち破り、非核化や拉致問題についても一人称として語り続けなければなりません。

総理からは、「当然、金委員長に私の考えを伝える必要がある」との答弁をいただきました。

「米朝首脳会談が成功し、ミサイル・核の問題とともに拉致問題も前進することに期待を表明しつつ、拉致問題は、最終的には日朝が交渉しないと解決しない問題であり、日朝が会談しなければいけないことに、金委員長に決断を迫りたい」

 

拉致問題も風化してしまわぬように、我々1人1人が「我が事」として北朝鮮問題を考えて頂きたいのです。

皆様にもご理解頂きたいので、後ほど字幕をつけてえ動画をアップさせていただきます。

 

北朝鮮問題は、我々国会でも手が出せない程、機微な情報に基づいた高度な外交手腕が必要です。

そこにある危機として、今後も注視してまいりたいと思います。

 

Home > 日記 > 参議院予算委員会

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top