Home > 日記 > 全国ろうあ者卓球リーグ戦

全国ろうあ者卓球リーグ戦

  • 2018-05-14 (月) 10:32
  • 日記

御報告遅れました。

5月5日、⻲⼾スポーツセンターで全国ろうあ者卓球リーグ戦 が開催されました。

 

デフ卓球の皆さまは、昨年夏のデフリンピックでは女子ダブルス3位・女子団体戦3位と優秀な成績を収め、来年開催されるユースデフリンピックへも若者を送り出そうとジュニア育成にも力をいれてくださっています。

 

この大会は、聴覚に障がいを持った方だけではなく、他の障がいをお持ちのアスリートや聴者も参加可能なのです。

今回は10名の聴者も耳栓を装着し、リーグ戦を楽しんでいらっしゃいました。

聴者にとって耳栓に慣れるのは難しく、自分の声が頭の中で反響するため煩わしいものです。

音で球筋やスピードを読んでいるため、耳栓をしての試合に慣れるのは時間がかかるとのこと。

 

実は、この大会には、モンゴルで卓球指導にあたっていらっしゃったデフリンピックのレジェンド「20世紀デフリンピアン 幾島政幸さん」も帰国し、若者にエールを送ってくださっていました。

日本のデフ卓球が強いのも、幾島さんが国際ろう者スポーツ委員会(ICSD)から20世紀の最も優れたろうスポーツ選手10人「20世紀デフリンピアン」に選出されたことに影響されていると教えて頂きました。

 

今回の大会には将来のデフリンピアンも参加してくれていました。

彼らも、これから様々な世界大会に挑戦し、我々にも多くの喜びと勇気を与えてくれることでしょう。

頑張れ、未来のデフリンピアン!

多くの夢をいただいた大会に感謝です。

 

Home > 日記 > 全国ろうあ者卓球リーグ戦

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top