Home > 日記 > 「春のいけばな展」

「春のいけばな展」

  • 2018-04-24 (火) 11:57
  • 日記

4月21日、名古屋市西区役所で開催された「春のいけばな展」へまいりました。

このいけばな展は毎年春と秋に開催されており、私も季節の移り変わりを感じることでいつも癒されているのです。

 

このいけばな展の一角で一際目立っている、啓明学館高等学校の生徒さんの作品も楽しみの一つなのです。

勿論、成熟されてはおりません。

しかし、その色使いや景色は若さが溢れ「私を見て!」と主張しています。

まさに今生きている、生命力を感じます。

 

このいけばな展にいつもお誘いいただく冨田先生の作品にはいつも驚かされます。

四季の花々で彩られた「冨田ワールド」が一つの世界観を表現してくださいます。

最小限の花材で何を表現するのか・・・

きっと、それは見ている者の心も映し出しているに違いありません。

次回の秋のいけばな展では、また違う一面を拝見できることでしょう。

 

皆さまの身近でも「いけばな展」が開催されています。

覗いてみると、そこには普段の喧騒とは違う世界が広がっていることでしょう。

 

Home > 日記 > 「春のいけばな展」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top