Home > 日記 > 「障がい者スポーツフォーラム&ユニバーサルスポーツ体験会inくまもと」

「障がい者スポーツフォーラム&ユニバーサルスポーツ体験会inくまもと」

  • 2017-12-04 (月) 9:10
  • 日記

予算委員会の準備等で皆さまへのご報告が遅れてしまいました。

11月26日、この日は待ちに待った「障がい者スポーツフォーラム&ユニバーサルスポーツ体験会inくまもと」の日。

熊本県立大学で行われたフォーラムに、私もパネリストとして参加させていただきました。

 

今回の企画は、以前からFBでも交流のあるスペシャルオリンピックス(SO)日本・熊本のアスリート彩ちゃんのお父様達が中心となって活動なさっていらっしゃるArts and Sports for Everyone。

https://www.facebook.com/ArtsSportsForEveryone/

 

この日のために、大学のボランティアの皆さまも準備いただいたのに、あいにくの雨の朝でした。

障がいをお持ちの方が移動なさるには雨が心配でしたが、会場には、いつもお世話になっている山口、九州ろう者サッカー協会の仲間が福岡・鹿児島からも駆けつけてくれました。

嬉しい事に、大分でデフの子供たちを支援してくださっているシェリムボートの真弓さんもご一緒です。

彼らが参加することが分かり、主催者も手話通訳もお願いしてくださるという配慮も。

この大学では一番前の席に椅子がありません。

車いす専用なのです。

特別なことではなく、当たり前。

そんな空気が素敵でした。

 

第1部は、帝京科学大学の岩沼先生のご講演を拝聴させていただきました。

岩沼先生は先のスペシャルオリンピックス世界大会の副団長として、スペシャルオリンピックスの活動には欠かせない存在です。

障害者スポーツを体系的にご説明いただき、選手育成の課題やビジョン等を分かりやすく解説いただきました。

パネルディスカッションには、熊本県出身で視覚障害者水泳の富田宇宙選手や車いす陸上の中尾有沙選手もご一緒させていただき、財政的支援の必要性や人材育成の課題などを討論いたしました。

 

午後は体験会。

4種目のパラリンピック種目を含めた、11種目のユニバーサルスポーツを楽しめるとあって、あちらこちらから楽しい笑い声が聞こえてまいりました。

 

こうやって仲間が集まると皆勇気を貰えます。

ここで話しているだけで力が湧いてまいります。

また会おう、その日まで頑張るぞ!

そう誓い合い、熊本を後にいたしました。

Arts and Sports for Everyoneの皆さま、山口、九州ろう者サッカー協会の皆さま、幸せな時間をありがとございました。

 

Home > 日記 > 「障がい者スポーツフォーラム&ユニバーサルスポーツ体験会inくまもと」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top