Home > 日記 > 「第2回着物japan」

「第2回着物japan」

  • 2017-11-25 (土) 15:38
  • 日記

11月23日、今朝は「第2回着物japan」にお邪魔いたしました。

聴覚障がいをお持ちの着付け師、中道景子さんにお誘いいただき、黒留袖の着付けショーを見せていただきました。

中道さんは先日議員会館にもお出で頂き、着付けのプロになるために美容専門学校にも通っていること、プロの着付け師への道は聴覚障がいを持っていると難しいこと等お話しくださいました。

 

コミュニケーション手段が口話や手話のみの皆さまが、何かその道のプロを目指すという際には、いくつものハードルを越えていかねばなりません。

着付けの世界も同様に、周囲の理解が必要となってまいります。

中道さんは周囲の音が聞こえない分、集中力があることを評価され、着付けの中でも難しい十二単にも挑戦させてもらっているとのこと。

彼女の努力を認めてくださった先生には感謝したい思いでいっぱいです。

 

今日は「江戸しぐさ」の講座もございました。

ここでは傘をさしながらすれ違う心遣い等が紹介され、そのモデルもデフの子ども達でした。

初めてのモデル体験に緊張している姿がとても可愛いらしく、会場からも多くの拍手が起こっていました。

 

聴こえないからと諦めるのは勿体ない。

努力する姿を見て協力したいと申し出てくださる方は必ず出てまいります。

私も微力ですが、宣伝マンをやらせていただきたいと思います。

 

Home > 日記 > 「第2回着物japan」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top