Home > 日記 > 「TOKYOみみカレッジ」

「TOKYOみみカレッジ」

  • 2017-11-21 (火) 9:25
  • 日記

11月19日、首都大学東京南大沢キャンパスで開催された「TOKYOみみカレッジ」に行ってまいりました。

このイベントは、「聴覚障がいや手話についての理解を深める」目的で東京都が主催しているのです。

 

受付からして感動です。

手話・筆談・一般と分かれており、手話ができる人には参加証に手話マークを貼ってくれます。

私も手話マークを貼ってもらうと、一般の参加者の皆さまも会場の至る所で手話で会話してくださいました。

全国の地名の手話の本が展示されている会場では、隣で見ていたおじい様が名古屋に3年住んでいたこともあり意気投合。

最後には、「どこの聾学校だった?」と聞かれ、「ごめんなさい、私健聴なんです・・・」というハプニングも。

 

手話サークルやダンスの発表会や、補聴犬のデモンストレーション、デフリンピックメダリスト報告やHANDSIGNのミニライブ等、見どころも一杯。

残念ながら全てのプログラムは体験出来ませんでしたが、短時間でも様々なことが学べました。

全国各地でこの様なイベントが開催され、多くの方々にご参加いただけるとさらに理解は進みますよね。

自治体主催であることに大きな意味がございます。

他の自治体においても、是非参考にしていただきたいと思います。

http://tokyo-mimicollege.com/

 

Home > 日記 > 「TOKYOみみカレッジ」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top