Home > 日記 > 岡崎市聴覚障がい者福祉協会 創立70周年記念式典

岡崎市聴覚障がい者福祉協会 創立70周年記念式典

  • 2017-11-12 (日) 11:44
  • 日記

11月11日、岡崎市聴覚障がい者福祉協会 創立70周年記念式典に来賓ではなく、一般参加として駆けつけました。

 

70周年とお聞きになってお気づきになられる方も多いと思いますが、全日本ろうあ連盟と同じ歴史です。

実は、全日本ろうあ連盟が群馬の伊香保温泉で発足した1週間後に、ここ岡崎市でも聴覚障がい者福祉協会が発足したのです。

岡崎は今でも文化度が高いことで有名ですが、戦後すぐの時代にもすでに「ろう運動」を展開する力を持たれた意識の高い方々がいらっしゃったことに感激いたしました。

 

またこの記念すべき日に、NHKの手話ニュースやみんなの手話でお馴染みの「那須英彰さん善子さんご夫妻」のトークショーも開催されました。

これまで那須さんとは何度もすれ違いばかり。

「一度ゆっくりお話したい」という夢がやっと叶いました。

 

私がお聞きしたかったのは、手話ニュースを皆様へ分かり易く伝える工夫や苦悩です。

手話というツールを使って、正しく文字情報を手話に変換し、皆様へご理解いただくことは、かなり難しいことが私の経験からもございます。

いつも中立を求められる中、難しい言葉をどの様に表現するのかを、様々な事例を交えご紹介いただきました。

それは、私ども政治家が挨拶する際の気遣いにも通じることが多く、勉強になりました。

 

協会の皆様にお気遣いいただき、待ち時間に挨拶をさせていただけるサプライズも。

今日も気心知れた仲間に囲まれ、幸せなひと時でした。

 

岡崎市聴覚障がい者福祉協会100周年記念大会に向け、これからも応援させていただきます!

 

Home > 日記 > 岡崎市聴覚障がい者福祉協会 創立70周年記念式典

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top