Home > 日記 > 「ユニバーサル マナー アワード 2017」

「ユニバーサル マナー アワード 2017」

  • 2017-10-26 (木) 10:01
  • 日記

10月24日、ミライロの薄葉さんのお誘いを受け、京王プラザホテルで開催された「ユニバーサル マナー アワード 2017」に出席いたしました。

 

「ユニバーサル マナー」という言葉は、耳慣れない方も多いことでしょう。

高齢者や障がい者、ベビーカー利用者、外国人等、自分とは違う誰かの視点に立ち行動する「こころづかい」を「ユニバーサル マナー」と呼びます。

頭では分かっていてもなかなか恥ずかしくて・・・

どの様にお手伝いしたら良いのか分からない・・・

そもそも日本人は引っ込み思案です。

何かせねばと分かっていても、行動に移すまでに時間がかかってしまいます。

 

日本ユニバーサルマナー協会では、教育研修を通して多くの企業・団体へ「こころづかい」の気づきを与え、その成果の検定を行っています。

今回は42の企業・団体から寄せられた事例を審査し、その中から19の企業・団体を選出し表彰が行われました。

 

障がいや高齢を理由に、結婚式の出席を諦めてほしくない

聴覚障がい者の運転免許取得をサポートするぞ

視覚障害があっても美術鑑賞ができる装置を開発

等々、様々な取り組みが紹介されました。

どれも素晴らしく、そして優しい「こころづかい」に溢れていました。

 

2020東京オリンピック・パラリンピックに向けてこの様な動きが今後活発化してくることでしょう。

しかし、2020年がピークとなり、その後忘れ去れてしまえば意味がありません。

じっくり腰を据え、これから少子高齢化・多様化の進む「成熟した社会」のために準備を進めてまいりたいと思います。

 

Home > 日記 > 「ユニバーサル マナー アワード 2017」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top