Home > 日記 > JPC選手強化のための医・科学・情報サポート研修~ジュニア選手の育成と強化~

JPC選手強化のための医・科学・情報サポート研修~ジュニア選手の育成と強化~

  • 2017-10-24 (火) 9:59
  • 日記

10月21日、本日は選挙戦最終日。

今後の障がい者スポーツ施策を進める上で大切な研修会が開催され、国立スポーツ科学センターにまいりました。

JPC(日本障がい者スポーツ協会)主催、選手強化のための医・科学・情報サポート研修会「ジュニア選手の育成と強化」

です。

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、選手力向上や選手発掘の強化が行われております。

障がい者スポーツの世界では、ジュニア選手の育成について、いまだ試行錯誤を続けている段階です。

 

日本では、障がいを理由にスポーツをする機会が与えられいなかったり奪われてしまっているケースも少なくありません。

東京パラリンピックを機会に、日本に染み付いた「障がいに対する古い認識や文化」を変えていきたいのです。

 

障がいへの理解が進まない、障がいへの差別が解消できない、それを嘆いているだけではなく、アスリートやサポーターの仲間と共に、障がい者スポーツの素晴らしさを訴え続けてまいりました。

その中で、どの団体も抱えている課題、それがジュニアの育成なのです。

 

誰にでも輝けるチャンスがあるのが当たり前。

私の友人にも、スポーツが「生きていく価値」「自己表現の場」「生きる力」へとつながっている選手が大勢おります。

そのような素晴らしいチャンスを子供たちにも手にして欲しいのです。

そして我々も、ジュニアの皆様が将来、日本の代表として世界の舞台へ挑戦し、素晴らしい活躍でメダルを獲得する雄姿を応援したですよね!

 

また、今日のパネルディスカッションで興味深かったのは「女性選手の強化・育成について」です。

JPCではこの4月に女性スポーツ委員会を設置し、トレーニングでの悩みや食事、身体の不調等の悩みを相談できる窓口も開設してくださっています。

先日はその様子がNHKでも報道されました。

http://www.nhk.or.jp/parasports-blog/100/281133.html

 

JPCのHPにも活動内容が詳しく載っておりますので、是非ご活用いただきたいと思います。

http://www.jsad.or.jp/paralympic/jpc/womens.html

 

選挙戦と掛け持ちで出たり入ったりでしたが、学び多き時間をありがとうございました。

 

Home > 日記 > JPC選手強化のための医・科学・情報サポート研修~ジュニア選手の育成と強化~

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top