Home > 日記 > 「リレーフォーライフ東三河」

「リレーフォーライフ東三河」

  • 2017-10-03 (火) 17:26
  • 日記

9月30日、パート4
掛川から豊橋まで新幹線に飛び乗り、やってきたのは稲荷ずしで有名な豊川。
ここ豊川では恒例の「リレーフォーライフ東三河」が夜を徹して開催されておりました。
私も途中参加で、真夜中のウォーキング。

リレーフォーライフは、「がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合い、がん征圧を目指すチャリティ活動」です。
イベント会場では「がん患者さんは24時間がんと闘っている」ことを基に、チームの仲間とタスキをつなぎ、24時間ウォーキングを続けるのです。
現在世界約30ヶ国、約6000ヵ所で開催され、年間寄付は470億円にのぼります。
2017年日本では49ヶ所、ここ愛知では岡崎と豊川での開催となりました。

がんを克服したサバイバーの皆さまやご家族、ご遺族、関係団体や企業の皆さま等、多くの皆さまのご協力で成り立つこのイベント。
皆さまの願いや天国へのメッセージがこもった「ルミナリエ」も夜になると「HOPE」の文字を描きながら空へと映し出されます。
風に揺れる炎に命の儚さを見た気がいたしました。
継続するために、この日まで企画し運営いただけるボランティアスタッフには感謝の念しかございません。
来年もまた会いましょう!

Home > 日記 > 「リレーフォーライフ東三河」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top