Home > 日記 > 「奄美大島の無修学ろうあ者」

「奄美大島の無修学ろうあ者」

  • 2017-06-27 (火) 8:35
  • 日記

6月25日、豊橋市で行われた愛知聾史倶楽部主催の荒木宏彦さんの講演会「奄美大島の無修学ろうあ者」に伺いました。

荒木さんは長崎在住。
奄美大島で生まれ育った90歳のお義母様、山下千代子さんが今日の主人公です。

自然豊かな奄美大島の話から始まり、離島のために修学できず、独特の手話で周囲とコミュニケーションをとる千代子さんの様子を語ってくださいました。
ご本人の動画を交えながら、そのユーモラスな言動や未だ衰えることない生きる意欲に至るまで、聴いている、いえ、観ている我々は驚きの連続でした。
講演のどこをとっても千代子さんに対する尊敬の念と愛が溢れておりました。
パチンコ好きな千代子さん、驚くべきことに毛糸手芸がお上手。
これまた独特の編み方で、あっという間に帽子や靴下を編み上げてしまいます。
私もお話を観ているうちに千代子さんのエネルギーを貰えた様な気がいたしました。
これらの様子が収められたドキュメンタリー「母の手」はきょうと聴覚障がい者映像祭で優秀賞にも選出されています。

ところで、今回の講座、会場に入る前に気が付かなかったのですが、「読み取り通訳なし」でした。
手話のみですべてのお話しが進められ、時々その内容を理解するのが遅くなってしまったり、写真のスイッチを入れようと下を向いているだけで話が分からなくなってしまう瞬間もございました。
きっと聴覚障がいをお持ちのかたが一般の講座に参加するとこんな孤独感を感じるのだろう・・・とちょっぴり感傷的になり周囲を見渡すと、なんだいつもの仲間がいっぱい!
名古屋からも大勢の友人が駆けつけていました。
会場にはFBでつながっている友人も多く、今日も私の拙い手話でひと時の手話べりをいたしました。

最近はどのデフのイベントに伺っても必ず誰かに会える、そして私を助けてくれる。
心から頼りになる手話仲間・友人に感謝です。
これからも臆することなくデフのイベントにも参加してまいりたいと思います。
今日も、手話初心者の私に多くの配慮をいただき、ありがとうございました!

Home > 日記 > 「奄美大島の無修学ろうあ者」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top