Home > 日記 > 「あいち女性議員の会」

「あいち女性議員の会」

  • 2017-04-17 (月) 15:11
  • 日記

4月15日、ケーキ教室から向かったのは、私が世話人を務めている「あいち女性議員の会」です。
今回は、「手話の歴史を知り、手話も学んでしまおう!」という贅沢な企画をいたしました。
私も手話を勉強すればするほど、その歴史やろう者の教育、差別偏見などを知る機会が増え、市町村議員の皆様とも情報共有したうえで、差別解消に向けご協力いただければと思ったからなのです。
そして、少しでも手話の魅力や面白さにも触れてほしいと願って、今回の勉強会を企画いたしました。

講師は元日本聾史学会会長 桜井強さん。
「手話と憲法」という演題で、手話の歴史や政治との関わり等について、「手話」で1時間みっちりご講演いただきました。
その後、伊藤さんから手話講座を開催いただき、皆様に住所・名前・挨拶等の手話を覚えていただきました。

手話って不思議です。
知れば知るほど知りたくなる、覚えれば覚えただけ使いたくなる。
講座の終わりには皆すっかり手話の魅力に取りつかれておりました。
岐阜の手話は鵜飼の鵜。
三重は三つの重たい。
静岡は富士山。
わっ、面白い!
名古屋はお城のしゃちほこ。
金田の金はお金、田は指で田の形を作る。
中は指で中という文字を作る。
へ~!
手話にも方言があるの?
世界で共通の手話は?
・・・・・

今日は埼玉から将来政治家を目指したいという女子大生の平山さんがゲストとしていらしてくださいました。
彼女も聴覚障害を持っているのですが、その可愛い笑顔は障がいを超える力を持っていました。
まだ可愛いお年頃なのですが、すでにその眼は世界を見つめています。
我々女性議員も皆で応援しなければ!
素晴らしい仲間が一人増えそうです。

さあ、次の企画は?
それは7月のお楽しみです。

 

Home > 日記 > 「あいち女性議員の会」

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top