Home > 日記 > スポーツ議員連盟のアンチ・ドーピングワーキンググループ勉強会

スポーツ議員連盟のアンチ・ドーピングワーキンググループ勉強会

  • 2017-02-10 (金) 11:11
  • 日記

2月9日、スポーツ議員連盟のアンチ・ドーピングワーキンググループの勉強会が開催されました。
ドーピングとは、薬を使って競技力を高めること。
リオオリンピックを前にロシアの国ぐるみの不正が発覚したことを受け、国際オリンピック委員会(IOC)や世界反ドーピング機関(WADA)から、2020年東京オリンピックパラリンピックにおいて、来日する外国選手も想定した対策の強化が求められているのです。

このワーキンググループの使命は、日本初の「ドーピング対策法案」を作成すること。
本日第3回の会議では、これまでの会議で出された意見を基にまとめられた「法案骨子案」に対し、意見が交わされました。
「ドーピングは違法行為」と位置づけることは勿論ですが、トップ選手らによる禁止物質の使用だけでなく、選手への提供、検体の操作も禁じる項目を盛り込むかどうかも議論がなされました。
また、不正を摘発するため情報(インテリジェンス)共有・連携体制についても必要性は確認できましたが、そのシステムの構築につては宿題となっています。
刑事罰を設けるかどうかの議論は本日時間切れのため、次回に持ち越されました。
人材育成をはじめ周辺環境の整備も考えると、来年4月の施行が準備期間としてはぎりぎりという所。
今後もスピーディーに議論を進めていく必要性がございます。

アスリートがうっかり飲んだ風邪薬や花粉症の薬にも禁止物質が入っていることがあります。
その「ついうっかり」のために、人生をかけ何年も練習を積んできた結果がすべて無駄になってしまうことも。
その様なことを避けるために、医療関係者への教育研修・啓発活動の項目も必要です。

次回は本日の「骨子案」の議論を基に、法制局が作成した「条文案」を議論いたします。
議論は進んでも、それをどの様に条文化していくのかは別問題。
どの様な文言とするのか、付則となるのか、政令・省令でもよいのか、まだまだ議論は尽きません。

今回のワーキングでは、馳先生の仕切りが分かりやすく、議員立法作成に至る過程においても大変勉強になっております。
次回までに他国の事例などの読み込みも必要です。
「新たな法律を造りだす」
立法府ならではの仕事に緊張と誇りを持ちながら今後も真摯に法案作成に向き合ってまいります。

11 12 13

Home > 日記 > スポーツ議員連盟のアンチ・ドーピングワーキンググループ勉強会

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top