Home > 日記 > 各会派代表者による懇談会

各会派代表者による懇談会

  • 2017-02-03 (金) 11:26
  • 日記

2月1日、参議院において、伊達議長呼びかけの下、各会派代表者による懇談会が開催されました。
私も無所属クラブの代表として参加してまいりました。

冒頭、議長から「参議院改革協議会を設置し、参議院の組織、運営についての諸問題を幅広く検討したい」と提案がございました。
今年は1947年の参院創設から70周年に当たる節目の年です。参議院の特性を活かした院(ハウス)の在り方を議論するにはふさわしいことを踏まえ、私も協議会設置に賛同いたしました。

参議院改革協議会の設置は、7年ぶりとのこと。
この間、選挙制度について議論が交わされてまいりましたが、参議院の中身に手を付ける議論はございませんでした。
皆さまにはいつもお知らせしておりますが、中にいると衆議院と参議院では全く違います。
会館にいらしたことのある方であれば分かると思うのですが、衆議院会館と参議院会館の中を流れる空気も全く違っています。
常任委員会の在り方や運営の方法も違います。
特徴的なところでは、参議院には衆議院にない決算委員会があり、予算はもちろんのこと、決算の議論も充実させるため「決算の参議院」と呼ばれております。
小会派や我々の様な無所属議員にも十分な発言の機会が与えられるという懐の深さも、参議院ならではなのです。
さらに解散がないため、調査会という独特の制度もあります。
私も「国民生活・経済に関する調査会」に属し、2月は週1ペースで有識者からのヒアリングなどを受ける予定となっております。

この協議会が選挙制度改革だけを取り上げて議論するには勿体ない貴重な機会です。
会派の皆さまとも相談し、参議院の存在意義を示すための組織や委員会の在り方についても発議してまいりたいと思います。

衆議院では予算委員会が本格始動です。
参議院は衆議院の下請け、カーボンコピーと言われぬ様に、より掘り下げた丁寧な議論を心がけてまいります。

 

11

Home > 日記 > 各会派代表者による懇談会

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top