Home > 日記 > 厚労委員会

厚労委員会

  • 2016-12-08 (木) 12:11
  • 日記

6日、厚労委員会は年金の質疑が始まりました。

衆議院では年金カット法案というレッテルが張られてしまいましたが、その他にも大切な内容が含まれていたのです。

その他についてはほとんど議論されることもなく参議院に送られてまいりましたので、残された時間をほとんど報道されなかった内容について質疑させていただきたいと思います。

今日の質疑は「年金積立金管理運用独立行政法人」GPIF改革について。

GPIF「年金積立金管理運用独立行政法人」とは?

 

まず、公的年金制度は、いま働いている世代(現役世代)が支払った保険料を仕送りのように高齢者などの年金給付に充てるという「世代と世代の支え合い」という考え方を基本とした財政方式で運営されています。

しかし、皆さまもお気づきに様に、この仕組みでは、今の日本が抱える急激な少子高齢化では、支え手の減少から保険料収入が減り、高齢者の増加から給付が増えることになります。

その解決法は3つ。

現役世代がもっと負担するか、給付額を減額するか、一定の額を運用して増やしていくのか。

 

今、日本では、保険料水準を決めて、その負担の範囲内で給付を行うことを基本に、社会経済情勢の変動に応じて、給付水準が自動的に調整される仕組みが導入されています。

年金積立金は、この仕組みの中で将来も一定の給付を確保するために、あらかじめ保険料の一部を給付に充てずに積み立てたものです。

年金給付に必要な収入の大部分は、保険料収入や税金によりまかなわれていますが、この年金積立金を運用して得られた収入も活用しつつ、安定的な年金給付を行っています。

その年金積立金の管理や運用を行っているのが、「年金積立金管理運用独立行政法人」(GPIF)という独立行政法人なのです。

 

今回の法案ではGPIFの組織を統制する改革案も入っています。

理事長一人で物事を決定していた方法を、経営委員会を新たに設置し、合議制へと変え、さらにこの経営委員会や理事長が勝手なことを行わない様に、監視委員会も設けることになったのです。

これから安定的な年金給付のためには、積立金を増やさねばなりません。

増やすためには、それなりのリスクを取らねばなりません。

だからこそ、このGPIFのガバナンス改革がとても大きな意味をもっているのです。

 

GPIFの運用資金は140兆円。

短期的な視野で一喜一憂することなく、ますます高齢化が進む日本において、年金制度自体が破たんしないための制度設計が必要ではないでしょうか。

わかりやすくマンガで解説するサイトもございます。

http://www.mhlw.go.jp/nenkinkenshou/

もう一度、今の年金制度をおさらいしてみませんか?

 

16 17

Home > 日記 > 厚労委員会

プロフィール

薬師寺道代
(やくしじみちよ)
参議院議員
医師
(専門:生命倫理・医療政策・緩和医療・医療コミュニケーション)
NPO法人 からだとこころの発見塾 理事

Return to page top